シキリンの「ウォーロックのスキルってこんな感じ!」(LastUpdate2011/1/2)

■シキリンの「ウォーロックのスキルってこんな感じ!」とは?

私シキリンが実際にウォーロックのスキルを使用して、そこで感じた使い勝手やコツを大・公・開!と言うページでございます。

要するに使用感ですね。

そうとも言う。基本情報はマジスレテンプレでどうぞ。ここにあるものはホント個人視点の個人的意見ですんで。

現在紹介しているスキルは以下の通りです。
クリムゾンロック
フロストミスティ
ジャックフロスト
チェーンライトニング
ラディウス
リコグナイズドスペル


■表について

Lv 1 2 3 4 5
詠唱時間 変動 x秒
固定 x秒
ディレイ x秒
クールタイム x秒
MATK倍率(%) x x x x x
消費SP x x x x x

※詠唱時間

詠唱時間が「変動」と「固定」に分かれていますが、違いは何ですか?

「変動」はステータスや装備、スキルなどで時間を増減する事ができる時間だね。
「固定」はそのスキルを発動するのに絶対に要する時間。ステータスの影響を一切受けないから、それらで短縮は望めないよ。


固定詠唱時間は短縮できないのですね。

一応出来るけど、とっても限られているよ。
装備だと、ラフィネスタッフ(-精錬値%)とプエンテローブ(-3%)。
スキルだと、ラディウスとサクラメントだね。

【ラディウス】
ウォーロックのパッシヴスキル。最大Lv3。Lv1(-10%)、Lv2(-15%)、Lv3(-20%)。ウォーロックのスキルにのみ効果がある。
【サクラメント】
アークビショップのスキル。最大Lv5。スキルLv*10%減少。Lv1を取得するのに最短Job28と大変。

なるほど、限定的ですね。

そして、固定詠唱時間の短縮効果は最も高いものしか適用されないから注意!
例えば、ラディウス3(-20%)とサクラメント5(-50%)を同時に受けたら、効果の高いサクラメント(-50%)が適用されるよ。



※ディレイとクールタイム

ディレイは「スキルを使用した後に発生するスキルの使用を制限される時間」ですよね。この時間があるから連続でスキルが使えない、と。


オウイエース。しかし!ウォーロックのスキルには詠唱時間と同じくディレイにも2種類あるんだ。
それがディレイとクールタイム。
詠唱時間と合わせた言い方をすると、変動ディレイが「ディレイ」、固定ディレイが「クールタイム」だね。


それらの違いは何でしょう?

ディレイは、スキルの使用後に発生する時間で発生中は全てのスキルが制限、使用できないよ。ショートカットに入れるとにくきゅうマークが現れるね。
クールタイムは、同じくスキルの使用後に発生するんだけど、制限されるスキルはクールタイムが発生しているスキルだけなんだ。だから他のスキルは使用できるよ。

例えば、クリムゾンロック(ディレイ2秒、クールタイム5秒)を使用したとするね。
使用してから2秒は全部のスキルが使用不可状態になる。
SHI・KA・SHI!
その2秒が過ぎるとクリムゾンロック以外のスキルは使用可能状態になるのです!

1 2 3 4 5
ディレイ 全スキル使用不可制限 クリムゾンロック以外はスキル使用可能☆
クールタイム クリムゾンロックの使用不可制限


こんな感じだNE!


なるほどー。

このクールタイムを無視してスキルを駆使する戦法もあるのですが、これはまた別のお話。
ヒントは「リーディングスペルブック」と「リリース」(ぼそっと)。

(ヒントと言うレベルではないような・・・。)


■いざ本題

クリムゾンロック

Lv 1 2 3 4 5
詠唱時間 変動 4秒
固定 1秒
ディレイ 2秒
クールタイム 5秒
MATK倍率(%) 1600 1900 2200 2500 2800
消費SP 60 70 80 90 100

仕様
・指定した対象を中心に7*7セルの範囲に火属性魔法攻撃。
・見た目だけの7hit。(なので草やきのこにはMiss)
・ダメージの射線は指定した対象から判定される。
・ダメージに伴い3セルノックバックさせる。方向は、指定された対象は西へ。それ以外の範囲にいた対象は、指定された対象を中心に放射状へ。罠もノックバックする。
・ダメージを伴わないスタン判定がある。
現在(2011/1月)、非攻撃対象のプレイヤーもスタンしてしまう不具合がある。公式発表。
エフェクトはこんな感じ

メテオストームと比べて、詠唱とディレイが短く、ターゲット指定だから不発なしと言う、メテオストームもびっくりな隕・石・力!

隕石力って何ですか・・・。

メテオストームは最大レベルで7つの隕石だが、クリムゾンロックは対象の頭上に隕石が落ちる。つまり!範囲内に100体いれば100個の隕石を一度にどかーんと!!

はいはい夢から覚めてくださいねー。

理論上なら出来る。(キリッ)

真面目な話はありませんか。

んー・・・そうだなー。では問題。スキルの使用対象が倒された場合、そのスキルはどうなるでしょう。

スキルは発動せずに不発に終わると思いますけど。

オウイエス。クリムゾンロックもそれに同じくダメージは発生しない。だがしかし・・・スタン判定は発生するのだ・・・っ!

え、それってつまり・・・指定した対象が倒されても、その指定した対象から7*7セルの範囲内にスタン判定が発生すると言う事ですか?

大正解!だからPT行けませんよホント。

悲しいですね・・・。

HAHAHA・・・はいはいここからお得情報!
Int120あれば+4クロノスでブラディウムゴーレムが確殺ですよ☆

ステータスがおかしいです!?

スタッフオブディストラクションのユピテルサンダーに魔法力増幅を食われずに済むのだ・・・っ!(ババーンッ!)

だからステータスがおかしいです。

あ。魔法力増幅+リコグナイズドスペル+ブレッシング10込みで。

無かったらびっくりです。

【個人的結論】
利点:高威力。短詠唱。高範囲。
欠点:プレイヤーもスタンしてしまう。


フロストミスティ

Lv 1 2 3 4 5
詠唱時間 変動 2秒
固定 0.5秒
ディレイ 2秒
クールタイム 8秒
MATK倍率(%) 300 400 500 600 700
基本氷結率(%) 32 44 56 68 80
消費SP 40 48 56 64 72

仕様
・使用者を中心とした27*27セルに水属性魔法攻撃。(プレイヤーの可視範囲は29*29)
・ダメージを伴わない氷結判定がある。
・氷結になると頭上に氷結マークが付く。
←氷結マーク
エフェクトはこんな感じ

攻撃対象がいないとエフェクトは発生しないので、街中で撃つと叫ぶだけになっちゃいます。

要らない情報ですね。

全画面にMATK倍率四桁も行かない威力で攻撃しちゃうからターゲットに注意だよ。皆こっちに来てアイドル気分になれるかな☆

その後の想像に難しくないのですが・・・。

【個人的結論】
利点:状態異常「氷結」を付与する。短詠唱全画面を利用して多くのターゲット取得が可能。
欠点:氷結の発生率に不安。低威力。クールタイムの都合上連射できない。


ジャックフロスト

Lv 1 2 3 4 5
詠唱時間 変動 2.88秒
固定 0.72秒
ディレイ 2秒
クールタイム 0秒
MATK倍率(%) 非氷結 400 465 530 595 660
氷結 1300 1600 1900 2200 2500
消費SP 50 60 70 80 90

仕様
・使用者を中心とした27*27セルに水属性魔法攻撃。(プレイヤーの可視範囲は29*29)
・ダメージに伴い基本確率100%で凍結にする。
・/mineffectするとエフェクトが見えない。
・対象が氷結状態だとよりダメージを与える。
・見た目だけの5hit。(なので草やきのこにはMiss)
エフェクトはこんな感じ

詠唱が短くて基本凍結率が100%なので、数囲まれて「うわっ、やべぇ!」と思った時に使うと、態勢が立て直せて便利ですよ。凍結率はスキルレベルに関係ないので、凍結目的ならLv1止めでもありだと思うよ。

凍結はダメージと伴うようですから、相手にダメージが入らないといけませんね。

おういえ。だから相手の属性には注意だね。あぁ、でもストームガストと違って凍結している対象にもダメージを与えるから、氷を割ってしまうのも注意だね。

ふむふむ。

攻撃力的には対象が氷結していないとしょんぼりでストームガストの代わりにはならないね。だけど、1確の相手だと全画面掃討と言う鬼畜スキルに。

カード狙いに便利?

おかげでカードを手に入れました☆ 勿論他人の迷惑にならないように注意しながらやりましたよ。

【個人的結論】
利点:短詠唱。連射可能。
欠点:低威力。
他:良くも悪くも基本確率100%で凍結させる。


チェーンライトニング

Lv 1 2 3 4 5
詠唱時間 変動 4.8秒
固定 1.2秒
ディレイ 3秒
クールタイム 0秒
MATK倍率(%) 500 600 700 800 900
最大連鎖数 5 6 7 8 9
消費SP 80 90 100 110 120

仕様
・指定した対象に風属性魔法攻撃。
・指定した対象から7*7セルの範囲内に攻撃対象がいた場合、その対象1体に攻撃する。この攻撃は、最大連鎖数に達するか、最後に攻撃した対象の7*7セルの範囲内に他の攻撃対象がいなくなるまで繰り返す。
・範囲内に複数対象がいた場合、ランダムで対象1体を攻撃する。
・指定した対象から7*7セルの範囲内に他の攻撃対象がいなかった場合、指定した対象に追加で3回攻撃する。これにより4連鎖は最低保障されている。
・連鎖は射線を無視するので、壁向こうに連鎖したり、ハイディング状態の対象に連鎖したりすることがある。
・ダメージは連鎖の度に使用者からの射線判定がある。
・hit間隔は1秒程度。
エフェクトはこんな感じ

仕様も使用もなかなか難しい難癖スキル。

範囲スキルなのでしょうか?

指定した対象に1回攻撃した後、その指定した対象の7*7セルの範囲内に敵がいたら、範囲内にいた敵に攻撃が入るね。こうやって指定したのとは別の対象に攻撃が繋がって飛んでいくことを連鎖と言うよ。

なるほどー。それで、その連鎖は範囲内に敵がたくさんいたら、たくさん起こると。

半分正解だね。

半分・・・ですか?

確かに範囲内に敵がたくさんいたら連鎖も多くなるけど、この連鎖・・・実はあくまで単体攻撃なんだ。

あれ?と言う事は、7*7セルの範囲内に複数の敵がいた場合、誰に攻撃が?

何とランダムでござる。

えー!?

敵がたくさんいないと連鎖しないのに、連鎖は指定した対象とは別の敵を攻撃するし、連鎖先はランダムだし、あくまで1体ずつに攻撃だし・・・。こう言うことがあって、範囲スキルなんだけど、範囲内にたくさんの敵がいても一度に複数の敵を攻撃しないから、たくさん倒せないと言う。

複数向けのような、そうでは無いような・・・。あ、対象が1体だと連鎖しない?

対象が1体だと追加で3回攻撃が入るから、連鎖しなくても最小4回は攻撃するよ。

なるほどー。・・・ところで、これだけ聞いていると使いにくいだけに聞こえるのですが・・・。

確かに難しいスキルだけど、PTプレイで活躍できると思うよ。

それはどうしてですか?

ウォーロックのスキルの中では短詠唱高威力で使いやすいと言われているクリムゾンロックが、プレイヤーもスタンしてしまうと言う不具合の都合上PTプレイでは使えない。そこで!チェーンライトニングが「俺の出番だ!」(ズサーッ)

MATK倍率を見てもそんなに強そうには見えないのですが・・・。

それがねー、意外と攻撃力があるのよ。多少の属性相性を係数でねじ伏せる感覚だね。具体的な例を挙げると、聖属性Lv3の棚天に四桁ダメージが通ります。(+7SoD、ブレス10、リコグ込み)

あ、それなら強そう。

スノウアーに「ははっ、見ろ!ウアーがゴミのようだ!!」って言えますよ☆

強・・・そう・・・?(不安) ・・・、ふと思ったんですけど・・・クリムゾンロックの不具合が直ったら、チェーンライトニングは用済みに?

さぁね〜。そこは人それぞれじゃないかな。私の場合は周囲の環境の都合で用済みになると思うけどね☆

チェーンライトニングさん・・・。

あ、そうそう。連鎖の度にスキルを使用している扱いだから、使用者本人の位置ズレが激しいですよ。びよーんびよーん。

個人的結論
利点:高威力。
欠点:連鎖に癖があって扱いにくい。範囲スキルなのに攻撃は1体ずつ。


ラディウス

Lv 1 2 3
増加射程距離(セル) 1 2 3
固定詠唱時間減少率(%) 10 15 20

仕様
・ウォーロックのスキルにのみ効果を発揮する。
・ウォーロックのスキルの基本射程は12。シエナエクセクレイトのみ8。

未取得→Lv1だとスキルポイント1で固定詠唱10%減少効果が得られます。ウマー。

2、3レベルですとスキルポイント1で5%減少ですね。

1と比べるとあまり大きくないように見えるね。でも5%は意外と変わるよ。クリムゾンロックで体感したので、十分実用範囲だと思います。詠唱速度が気になってかつポイントがあれば取得しても損は無いと思うよ。

個人的結論
利点:手段の数少ない固定詠唱減少効果を得られる。
欠点:三次のジョブは上がりにくいので他に取得したいものがあればそっちが優先される。射程増加効果は対人プレイをしないなら恩恵が少ないと感じる。


リコグナイズドスペル

Lv 1 2 3 4 5
詠唱時間 変動 1.6秒
固定 0.4秒
ディレイ ?秒
クールタイム 60秒
持続時間(秒) 20 30 40 50 60
消費SP 50 60 70 80 90

仕様
・最大MATKで数値が算出されるようになる。(過剰精錬分はブレる)
・死亡、ディスペルでリコグナイズドスペル状態が解除されてもクールタイムは継続する。
・魔法力増幅を解除しない。

MATKで計算される魔法スキルは勿論、ヒールの回復量までアップ!

元々差が激しいMATKですから、安定して最大値が出るのはとても強力ですね。

えぇ、なのでウォーロックになったら真っ先に取得する事をオススメするよ。今までのWizスキルなどにも応用できるしね。

なるほどー。

クールタイムの都合上、あらかじめかけ直し出来ないから、残り持続時間に気をつけまSYO。これでキミも、まじかる☆うぉーろっく!

個人的結論
利点:MATK関係スキルの数値が安定する。
欠点:前提スキルに使いにくいものが多い。


■ところで

ところで、スキルツリー一覧を作ったのに説明の場所が無かったんだ。云時間かけて作ったのに!

あらら。

せっかくだからペタッとなー!



(最大レベル書いて無い・・・。)


結論:シキリンはこの程度である。


RO公式
c Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All rights reserved.
c 2010 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

※参考にしますた!
マジスレテンプレ


ポプパラ