四季のPHANTASY STAR ONLINE2(以下PSO2)プレイ記録

キャラクター情報等はこちら。サイトのトップはこちら


2013/10/18/金

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
ログイン出来なくなった。
昨日までログイン出来たのだがな・・・・・・。
レベルのカンストがフラグだったか・・・・・・っ!
恐らく例の「10/16 nProtect GameGuardの更新以降発生している現象について」に引っかかったと思われる。
とりあえず指定のメールアドレス先に必要なデータを添付して送信した。
後はただ待つばかり。









さて・・・どう時間を過ごそうかな。


2013/10/17/樹

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話

「任務完了。」

と同時に、とある人から「それってもうゲームクリアじゃね?」と言われた。


2013/10/13/陽

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
「スーパートリートメントについて続報だ。」
「スーパートリートメントって何だっけ?」
「『状態異常を回復した際、自分と対象者のHPを回復させ、一定時間PP回復量も上昇させる』テクターのクラススキルだ。」
「あぁ、超便利そうなのに状態異常を治した時じゃないと使えないあれかー。」
「それの効果について、自分で使って判明した事実がある。」
「なになにー?」
「スーパートリートメントの効果が発動した際、HP回復は勿論、PP回復量の上昇も術者のテクターに適応される。
「へー。へー?」
「例えば、君がショックと言う状態異常になってしまったとする。」
「ぎゃー!しーびーれーるー!」
「それをスーパートリートメント5レベルを習得している私がアンティでそのショックを治療する。」
「ふー、すっきり☆」
「すると、君と私のHPが25%回復し、かつ両者のPP回復量が30秒間PPコンバート6レベル相当になる。
「おぉ!?」
「私はてっきりPP回復量の上昇は状態異常になっていた対象者にだけ適応されると思っていてね。しかし、スーパートリートメントを習得した私が他者の状態異常を回復した際、自分のPP回復量が上昇したことを実際に確認した。
「スーパートリートメントは超☆回復なんだね!」
「条件が限られているとは言え、優秀だと私は思うよ。」
「さあみんなもレッツ☆スーパートリートメント!」
「習得は個人の自由だ。」

尤も、スーパートリートメントの解説は『状態異常を回復した際、自分と対象者のHPを回復させ、一定時間PP回復量上昇させる』とあるので、新しい発見ではないかもしれない。
私だけの勘違いかもしれないが、折角なので書いてみた。


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/10/12/地

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
「テクターに追加された新クラススキルについて幾つか話せることがある。」
「追加されたスキルって、『スーパートリートメント』と『テリトリーPPセイブ』だっけ?」
「そうだな。まず、『スーパートリートメント』について。スキルツリーの位置はこの辺りだ。」

「位置、ひっど!」
「習得は悩ましい位置にあるが、効果は『状態異常を回復した際、自分と対象者のHPを回復させ、一定時間PP回復量も上昇させる』と支援回復が得意と謳うテクターらしいものとなっている。なお、最大レベルは5だ。」
「でもこれ、状態異常を治した時だけでしょー?」
「無論、その通り。しかし、スーパートリートメント5レベルのテクターが状態異常を回復した場合、自分と対象者のHPをモノメイトより少し低い程度回復し、かつ30秒間PPコンバート6レベル相当のPP回復量を得ることが出来る。参考までに、PPコンバートの効果は『30秒間PP回復量が上昇し、最大HPが割合減少する』テクターのスキルである。」
「PPコンバート6レベルってどれくらい回復するの?」
「それは言葉では説明しにくいな。チャージ速度が半減しているラ・フォイエやサ・フォイエを連発しても枯渇しない程度、と言ってもテクニックを使用していない人には伝わらないだろう。」
「とりあえず結構回復するってことだね☆」
「その程度の認識で良いだろう。」
「便利そうなのに状態異常を回復したときだけかー。」
「そうだな。最大HPを低下させずにPP回復量を得ることは非常に魅力的だが、PPコンバートのように任意で発動することは出来ない。また、状態異常になった方が強いファイターとは相性が最悪である。なかなか難しいよ。」
「ちぇー。」
「それでも習得していると便利だと個人的には思うよ。尤も、習得は個人の自由だ。自分にとって最適だと思えば習得すれば良い。」
「ふーん。」
「そうそう、スーパートリートメントはフレンドパートナーが使用しても有効なので、登録しておくと便利になるかもしれない。」
「へー!」
「さて、次に『テリトリーPPセイブ』だが、スキルツリーの位置はこの辺りだ。」

「まだマシだね。」
「そうだな。効果は『テリトリーバースト中、補助テクニックの消費PPを軽減する。テリトリーバースト習得時のみ有効』だ。こちらも最大レベルは5だ。」
「テリトリーバーストを習得してたら良いんだね!やったぁ☆」
「後半の解説がそのように感じさせるが、実際はテリトリーバーストの効果中にのみテリトリーPPセイブは有効だ。」
「紛らわしいな!」
「それは私も思うよ。」
「まあいいや。で、これってどれくらい軽減してくれるの?」
「レベル1で-3、レベル5で-7だ。固定点軽減の為、普通に使いやすい。」
「あ、そう言えば補助テクニックってどれのこと?」
シフタデバンドレスタアンティメギバースゾンディールザンバースだ。全てテリトリーバーストの対象になっているテクニックなので、テリトリーバーストとテリトリーPPセイブを併用すると、テリトリーバースト効果中は全ての補助テクニックの効果範囲が拡大され、かつ消費PPが軽減されると言う素敵な状況を作り出すことが出来る。」
「わーぉ☆」
「なお、フォースのボルトPPセイブ(雷系テクニックのPP消費量を軽減する)とテリトリーPPセイブ5レベルを併用すると、ゾンディールの消費PPが9になる。」
「なにそれこわい!」
「以上、テクターの新クラススキルについての話でした。」
「それにしてもいきなり全部習得してみたとか、キミってバカなの?」
「そうかもしれんな。」
「だからテクターのスキルツリーは5個もあるんだね!」
「全ての他者に支援回復を捧げる為に必要なスキルの最適化に迷走した時期があっただけのことだ。」
「ホント、キミってバカだね。」
「そうだな。」


■PSO2の話 その2
「以前(10月9日)、スーパーハード(以下SH)に向けてユニットを作り直すと言う話をしたと思うが。」
「自力で作れそうにないからって誰かの中古待ちって言ってたあの話ねー。」
「作った。」
「えっ」
「こんな感じだ。」
2013/10/11
「えっ、えっ」
「今まで使用していたスロートに付与されていた特殊能力の一部が強力だった為、以前と比べるとHPは15下がったのだが、PPが10、打撃防御が243、射撃防御が309、法撃防御が213、それぞれ上昇したので、下がったHPはそれらで補えるだろう。」
「自力で作れたのかよぅ!」
「頑張ってみただけだ。」
「じゃあ最初からがんばれよ!」
「私にとって特殊能力継承はソロアドバンス6周より疲れる。
「どう聞いてもソロアドバンス6周の方がしんどいじゃん!」
「これを2、3回されるとかなり疲れるよ。」

「エクストラスロット使ってるからじゃん!」
「だから言っただろう。2スロが限界だと。」
「へたくそー!」
「何はともあれ、SHに対応出来そうなユニットの調達は出来たので、これで他の皆様の足を引っ張らずに済むだろう。」
「最近ずっとソロじゃん。」
「・・・・・・まあな。」
「ぼっち!ぼっち!」
「さて、マイペースに65レベルに向かってレベル上げでもするかな。」
「ちょ、無視するなよぅ!」


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/10/9/海

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
「今日は色々追加されたな。とりあえず真っ先にこれをやった。」

「うっわー!タリステックボーナスだぁ!」
「タリス遣いだからな。使う機会が多いだろうと判断し取得してみた。実際に使用してみたが、なかなかに便利だったよ。レスタに適応されなかったのが残念だったくらいで。」
「ねーねー、スーパーハード(以下SH)はどうだったのー?」
「あぁ、なかなかに手強かったよ。特に敵の接近速度の上昇は遠距離スタイルのタリスには少々不利だったな。まぁその内慣れるだろう。後は――」

「いきなり侵食核付きのボスに遭遇したかな。」
「何これ!?変な侵食核!」
「SH限定の侵食核で、定期的に攻撃をしてくる侵食核だった。弾速はタリスの投擲と同程度。威力は大したことは無いが誘導弾の為常に動くことを要求される。」
「へー。」
「他に鍬形型をしたものは白いナ・フォイエのような弾で反撃してきた。こちらも威力は大したことは無いが、何かに着弾すると爆風がある為、先程の目玉型の侵食核による誘導弾より大きな移動を求められる。」
「へー、へー。」
「他に鳥型のものもあったが、効果が分からなかった。」
「3種類もあるのかー。」
「そのようだ。」
「SHって何か面白そうだね!」
「楽しむ要素はいくらでもありそうだが、しばらくはユニットの作り直しが問題になりそうだよ。」
「へー?」
「SH産のユニットが妙に高性能でね。SHではその防御力が求められているように思える。実際にSHの敵の火力はかなり高かった。SHを渡り歩きたくば新しく作るしかなさそうだ。」
「作り直しだね!」
「しかし自力で作れる気がしないので誰かの中古待ちになりそう。」
「へたくそー!」
「私に何を求めると言う。」

2スロが限界なのだ・・・・・・


■PSO2の話 その2
フランカさんのネタとか、テクターのクラススキルとか、他にも色々話題があるのだが、それらはまた明日以降と言うことで許してください。


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/10/7/月

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話


2013/10/5
「レアいっぱいヒャッハー!」
「しかし全部リア/ヴァーダーパック。」
「な、なーんだ。」
曜日別のブーストイベントに便乗して採掘場跡地域と海岸地域に行っているのだが、採掘場跡地域は色々なものを拾えるのに対して、海岸地域はいまいち拾えていない。ただの運だろうがな。」
「ボクにも会えないなんて、素晴らしく運が無いな、キミは!」
「ラッピーに良く出会うので私は満足だ。」
「ちょっと!ボクに会えないのはどうでも良いの!?」
「ラッピーはアイドルだからな。」
「おのれラッピー!誰がアイドルかはっきりさせてやるぅ!!」
「そう言って何処かに行ってしまうから、私や他の者とも会えないのでは・・・。」


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/10/6/陽

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話

2013/10/5
「Eトラで出てきたノーヴ・リンガダールさんからアメン・ホテプさんを貰ってきた。」
「わぁい!レアだよ!やったね☆」
「初めて拾ったよ。」
「ねね、早速使ってみてよ!」
「そうだな。装備してみ――」

「う・・・これはまさか・・・・・・。」

「くっ・・・能力不足・・・。」
「やーい貧弱ー!」
「レベルキャップ解放で装備出来るようになるさ。」
「能力不足が許されるのは撮影能力だけよねー!きゃはは!」
「私の撮影能力は許されても良いのか?アメン・ホテプをただの赤い棒にしか見えないような撮影をしてくる私の撮影能力は許されるものでは無い気がするのだが・・・。」

しかしなかなか向上が見られない撮影能力であった。


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/9/28/地

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話 (20時35分頃追記)
「『PSO2ストーリー考察ネタバレ注意)』ページを作成した。ついカッとなって作った。今後の考察と言う名の仮説はこちらに追記していく予定。今後ともよろしくお願いいたします。
また、そのページに9月26日に考察した仮説の結論を追記してあります。興味がありましたら見て頂けると嬉しく思います。
願わくば、貴方の抱くPSO2の世界がより楽しいものとなりますように――」

「うっわー、何これ凄い妄想!」
「残念ながら確定要素が少な過ぎる故、妄想と言う認識は正しい。」
「やーい妄想ばーかばーか!」
「その考察の会話には私も参加した。」
「用事を思い出したから帰――」
「・・・。」

カチッ

\ドカーンッ/

「うわああああ!!」

キラーンッ☆

「あれは?」
「アッパートラップ☆(ゝω・)v」


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/9/27/金

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
 任務完了。
実装から二日でコンプリート。あれ?これ、前にも―― (※8月24日参照)


■PSO2の話 その2
超越者たちの戦いで追加される新クラススキルが一部紹介されているのだが・・・・・・



!?
ええぇ!?ほ、本当ですか!?タリス遣いの私からすると凄く期待するのだが!?ダメージボーナスではなく威力ボーナスなのならば、もしかしてレスタの威力も・・・・・・うわぁ期待して良いのかな・・・!?
テクターの新スキルも支援回復が何よりも好きな私にとっては魅力的。だがこのスキル、10レベルありそうな気がしてならない。無論、そうとも限らない。しかし何故かこれは予感がする。テクターはハンター並みにスキルポイントに余裕が無いと言うのに・・・!
と、言うわけで何だか個人的には楽しみだ。え?スーパーハード?ベリーハードで精一杯の私には無理だ。(キリッ)
強いて言うならソロアドバンスは出来るかな。


2013/9/26/樹

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
昨日の更新で書き損ねた内容を一つ。ストーリーに大きく関るものではないもののネタバレと言えばネタバレなので一応反転結界。

採掘場跡地域は警戒区域に指定されていた。そしてそれは全てのアークスに通達されていた。
しかし、何故かプレイヤーにだけはその連絡が届いていなかった
プレイヤーにだけ連絡が無かったこの事象は、パティエンティアとジャンさんから知ることが出来、別の人物それも複数人数から聞く辺り、この事象は真実なのだろう。
この事象についてストーリークエストでは全く触れられなかった。しかし、私はこちらの事象の方が本質な気がする。パティエンティアやジャンさんはプレイヤーにだけ連絡が無かったこの事象を、ただの連絡不届き、今の上層部が甘い、新しいことが立て続けに起こって混乱している、等と見た。

ここから先は私の一個人の意見であり、考えであり、また仮説である。
私はプレイヤーにだけ連絡が無かったこの事象についていくつか考えられることがある。

今回の採掘場跡地域は警戒区域に指定された後、三英雄は待機勧告(ただし推薦程度)が出され、三英雄が動かない・動けないから全アークスに警らの通達が来たと言う話だ。
イオさん曰く、プレイヤーはプレイヤーが思っている以上にアークスの中では有名であり実力があるとイオさんを含めた他のアークスからそう思われている。それ故に上層部にも目を付けられているとか。
そんなプレイヤーにだけ連絡が無いなんて不自然ではないか。プレイヤーは立場的には一般アークス。普通なら警らの任務が来るだろう。なのに何故連絡が無かったか。いくつか考えられる。

一つは三英雄と同じく待機せよと言う意味だったと言う可能性。
実力が認められているプレイヤーには何かあった時に動いて欲しかったのかも知れない。しかし、もしそうならプレイヤーに待機命令が必要だ。そうでなければいつものように通常任務で採掘場跡地域にプレイヤーは訪れてしまうことになる。実際にそうだった。

他に考えられることは、警戒区域と言う危険な場所に何も知らない状態で行かせることによってプレイヤーを事故死させようとした可能性。
特に虚空機関はプレイヤーを良く思っていないだろうから死んで欲しかったのでは。直接手にかけると後処理が面倒だからね。しかし、もしそうならば確実性が無さ過ぎはしないか。実力が認められているプレイヤーがそう易々と死んでくれるだろうか。実際そうではないから今も生存しているのだろう。

最後に考えられることは、時渡りの代償。時渡りをし過ぎた結果、存在そのものが曖昧となり皆の記憶から消えかけているのではないだろうか。
マターボード等を通じてプレイヤーは時を渡り、歴史を改変している。当然、歴史が変われば記憶も変わる。あの時に居たはずの者が居なかった、その逆、全ての時に居た、様々な時間をプレイヤーは保有している。だからこそ、プレイヤーと言う存在は何時何処に居たかが非常に曖昧。結果、存在そのものも曖昧となり、プレイヤーと関係の深い者またはプレイヤーと長い時間を過ごした者以外はプレイヤーを認知しにくい状態になってしまっているのでは。
もしそうならば、連絡が届かなかった理由は連絡を届ける側が「プレイヤーと言うアークスは存在していない」と記憶している可能性がある。
しかし、これを実証するものは無くただの憶測に過ぎない。実際のところどうかは不明。

霞む記憶、欠けた記録。


2013/9/25/海

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
楽しみにしていたストーリークエストが追加されて駆け抜けた結果、こうなった。

※平常運転
残っているマター品はボス級のみ。マイペースにコンプリートを目指す。
当然のようにストーリークエストも全部やってきました。キャラクターの相関図に変化は無い。しかし、以前に考察として述べた「ダーカーはフォトンの使用によって生まれた廃棄物と言う仮説」が濃厚になった。今回のストーリーで知り得たこと、そこから生まれた仮説、色々言いたいことはあるが、きちんとまとめてから記事にしたいので今回の更新では無しと言うことで許してください。
とりあえず以下のことを考察し仮説としている。

一つ、「ダーカーはフォトンの使用によって生まれた廃棄物と言う仮説」がエピソード(以下EP)2第3章で濃厚になった、その理由
一つ、ダークファルスが依り代を必要とするのは、以前に考察し仮説として述べた「大気中に含まれるフォトンの濃度が高いとダーカーはその場に居座れないと言う仮説」にダークファルスも例外ではない為ではないかと言う仮説
一つ、六芒均衡の四にプレイヤーが据えられる可能性があるかもと言う仮説
一つ、アフィンの姉が誰の記憶にも残っていないのは、ダークファルスの乗っ取りが「存在の上書き保存」である可能性があると言う仮説(内容が既にネタバレの為反転結界)
これらの考察記事はいつ出来上がるか分からない。しかしやる気はあるので気長に待ってくれると嬉しいかな。

では、今日はこの辺で先に失礼するよ。


2013/9/20/金

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
凄くどうでも良い話。状態異常インジュリーについて。英語表記は「injury」、直訳「傷害、損傷、損害」。つまりインジュリー状態は負傷している状態なんだよ!と言われると、普段のダメージって怪我ですらないただの衝撃と言うことに。その衝撃が大きすぎて身体が動かせなくなると戦闘不能、と。戦闘不能状態は「戦闘が続行出来ない(=不能)」と言うだけで死亡ではないしな。それにしてもだな、いくらフォトンで身体を守っていると言ってもアークス丈夫過ぎませんかね!?ガッツドリンクEX込みとは言えHP四桁の法撃クラスに言われたくないと言われたら返す言葉もございません。


■PSO2の話 その2
やはり凄くどうでも良い話。考察記事を書いている内に気付いたもう一つの可能性の考察記事を書こうと思って機会を逃している。その内書こうと思っているが、いつになるかな!


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/9/18/海

■拍手返信+PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
※9月17日のPSO2考察記事の続きのようなものなので先にそちらを読んでからこちらを読むことをお勧めする。考察については一つの仮説である。こんな可能性があれば面白いかもと言う程度に見てやってください。また、二つ目の拍手返信にある意見についてはただの一個人の意見である。そんな考え方もあるんだねと言う程度に見てやってください。

さすがの洞察力ですなー確かにフォトンを使うアークスがいなくなれば、ダーカーも生まれないし平和が訪れるねぇ。おいらみたいな頭まで脳筋なアークスはここまで考えずに使うからダーカーに狙われるんでしょうね!つまりこれはアークスやめれば必然的にダーカーも減るということで、つまり・・・PSO2終了のお知らせ(
私が考えるにアークスもダーカーも零にすることは不可能だと思われる。それはフォトンを使用しない生活にもう戻ることが出来ないからだ。
「フォトンを使用するとダーカーが生まれると言うのならば、使用しなければ良いじゃない」と思うかもしれない。
では問おう。現段階で存在するダーカーをどうするのだ?ダーカーはフォトンを使用せねば完全に消滅させることは不可能。フォトンを使用せず放置しておけば人類は一方的に喰われるだけだ。それを受け入れられるか?
もう一つ。日常的な灯りから航行用のエネルギー源にまでフォトンは使用されている。フォトンの使用を停止すると言うことは、それらの使用が不可能になると言うことだ。それを受け入れられるか?
そう簡単に受け入れられるものではないだろう。いや、受け入れることは出来ないはずだ。だが、どうすれば?
それは今後のストーリーで語られる可能性があるが、私はここに一つの可能性を示しておく。
フォトンの効率化。要するに燃費を良くすること。使用されるフォトンの量を減らすことが出来れば生まれてくるダーカーの数も減らせると考えられないだろうか。
ダーカーの殲滅にフォトンは必要不可欠だ。ダーカーはフォトンを使用せねば完全に消滅させることは不可能だからだ。だからこれからもダーカーの殲滅にはフォトンが使用されるだろう。だがその殲滅に必要なフォトンの量を減らすことが出来れば、生まれてくるダーカーの数も減らせるのではなかろうか。
これはダーカーの殲滅以外に使用されているフォトンにも同じことが言える。日常的に使用されているフォトンの消費量が減れば生まれてくるダーカーの数も減るのではなかろうか。
ただし、これは使用されたフォトンの量と生まれてくるダーカーの数が比例していた場合に限る話である。それに、効率化に成功しても極力零に近づくことが出来るようになるだけで零にはならないし、なれない。結局フォトンは使用されるのでダーカーは必然的に生まれてしまう。永遠の課題。
だからPSO2終了のお知らせにもならないのではないかな。
なお、フォトンの代用に相当するエネルギーがあれば色々と解決する話でもあるのだが、その代用が無いからフォトンなのだと私は思っている。

これ現実世界で考えると、原子力発電で出た廃棄物がおいら達に襲いかかっていると考えられるよね。人間が勝手に作り出して今まで散々エネルギーに頼っていたのに、いざ何かが起こると原発反対や廃棄物の処理を押しやるこの人間のエゴ。私達人間は粛清されるほうがいいのかもしれないね。
それを意識して描かれた作品である可能性はあるかもしれないな。自分達の都合だけで勝手に作り出し、使用し、様々なものを破壊し、犠牲にし、責任逃れをする。私たち人間は非常に身勝手な生き物である。だがそれを承知の上で言わせてもらう。
それでも私たち人間は粛清されるべきではないと。
粛清により人間が存在しなくなったとして、この歴史が繰り返されない保証が何処に在ると言うのだ?
人間が居なくなったことで別の知的生命体が生まれ、同じ過ちを犯す可能性だってあるのだ。それに、罪を犯した者が死んで全てを無かったことにしても、それでも被害者たちは生きている。
そう、この話は死で償えるほど生易しいものではないのだよ。
死など逃げや甘えに過ぎない。私たちは他にするべきことがあるはずだ。本当に悔やんでいるのならば、過ぎ去った過去に思い馳せている場合ではない。犯してしまった過ちを二度と繰り返さないようにする為に、犯してしまった過ちから立ち上がる為に、未来の為に、前を見据えるべきだ。
人間は失敗をする生き物だ。失敗をしない人間など居ない。だが、その失敗から学び成功に繋げることが出来るのもまた人間と言う生き物だ。だからこそ、前を見据えよ。未来へ繋げる、ただその為だけに。
余談だが、ストーリークエスト・エピソード2第2章「いままでと、これから」の分岐前を見るとその意味が良く分かるだろう。


■PSO2の話 その2
探せ!フォトンの設定の全てをマキアに置いてきた!!ファンタシースター ノヴァのストーリー・世界観を見た私の感想)
フォトンが無効化される世界て・・・。その理屈が分かれば色々解明出来るじゃないですかー!9月17日の更新記事にした考察とは何だったのか。くっそぅwww(思わず生える草)


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/9/17/火

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
以下の考察は一つの仮説である。こんな可能性があれば面白いかもと言う程度に見てやってください。なお、ふーらいと四季が二人で雑談した結果です。

一つ、アークスが居ない惑星には大気中に含まれるフォトンの濃度が高くてダーカーは居座れないと言う仮説。
「オラクルの向かう先々でダーカーが出現するようになった」と言う歴史がある。これは、調査の為に降下した先の惑星でアークスはダーカーの出現を目撃し、遭遇していると言うことになる。
逆に言えば、「アークスが向かわなかった惑星にはダーカーは出現していない」と言うことになる。それは敵対対象であるアークスが居ないからとも考えられるが、しかしたとえ敵対対象であるアークスが居なくても、先回りをすることによって先手を打つ為の準備をすることも、その後何も知らずに調査やって来たアークスを一方的に攻撃することも出来たはずだ。
それなのにダーカーはそれを行わない。わざわざアークスが惑星に来てからダーカーは出現する。これらを見るに恐らくダーカーはアークスが居ない惑星には出現出来ない。
それは何故か。ここで私達はアークスが居る惑星と居ない惑星に一つの違いがあることに気が付いた。
大気中に含まれるフォトンの濃度の高さだ。
アークスが居ない惑星はフォトンを使用するアークスが居ない為、大気中に含まれるフォトンの濃度は高い。
しかし、アークスが居る惑星はどうだろうか。アークスは調査の為に惑星にやって来てはどう言う形であれ便利なフォトンを使って活動する。すると、大気中に含まれるフォトンの濃度は低下する。そしてダーカーはアークスが居る惑星に出現する。いや、出現出来るようになる。
これはつまり、ダーカーは大気中に含まれるフォトンの濃度が高いと居座れないと言うことではないだろうか。
居座れるようになったらやることは一つだけ。敵対対象であるアークスを襲う、ただそれだけだ。
では、何故ダーカーはアークスを襲うようになったのだろう。それがもう一つの考察。

一つ、ダーカーはフォトンの使用によって生まれた廃棄物であると言う仮説。
フォトンが発見されまた多用されるようになってから、ダーカーと言う存在も発見されまた増加した。これはつまり、フォトンを使用するとダーカーが生まれると言うことではないだろうか。
エネルギーとはいつもそうで、生み出せば廃棄物が出る。火力発電で燃料を燃やせばエネルギーは生まれるが同時に使用済みの燃料は廃棄物として出てくる。
フォトンとダーカーはそれと同じ関係ではないだろうか。ダーカーはアークスの私利私欲の為に使用されたフォトンの廃棄物同然として生まれてきた。だがそのダーカーは「人類の敵」としてアークスに殲滅されようとしている。――ダーカーがアークスに対して敵愾心を抱かないはずが無い。
以下ネタバレが含まれるので反転結界。
だからストーリークエスト・エピソード1外伝と言う名の本編アークス戦技大会の【若人】様は「お前は何者」と言うこちらの問いに対して、
「貴方たちの、敵よ。――いや、正しくはあたしたちの敵が貴方たち、ってだけかな?
と述べたのではないだろうか。
貴方たち、つまりプレイヤーを含めたアークスはダーカーを敵として認めているが、その根拠はダーカーがこちらを攻撃してくるからと言うものに過ぎない。少なくとも何も知らない一般アークスはそう言う認識だろう。
しかし【若人】様はわざわざ「あたしたちの敵」と言い直した。【若人】様を含めたダーカーからすれば彼らの敵はアークスだけに止まらない。
何故なら、ダーカーは貴方たちの都合で使用したフォトンで勝手に生み出された存在で、また貴方たちの都合で勝手に消されようとしている存在。
そう、あたしたちの敵は――貴方たちフォトンを使用する人類全てよ。

以上反転結界。


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/9/14/地

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
追憶の熱砂の追加告知、私にはストーリーしか見えぬ。唯一の楽しみだ。本当に、それだけは。
・・・・・・残念なことが、続いたから。
9月4日の致命的な不具合があったから?その他の不具合も多いから?私の入手したアイテムの希少価値が不可抗力とは言えことごとく下がったから?妙に効率を謳う人が増え、さらにそれを強要する人が増えたから?
否。
相方がいなくなったから、だ。
そこには様々な理由が存在するが、それらは最早どうでも良い話。


2013/9/11/海

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
「今日のアップデート内容は――」

9月11日(水)定期メンテナンス終了 〜 9月17日(火)23:59まで、以下の日程で特定エネミーの撃破数を競うインタラプトランキングが必ず発生します!
新フィールド「採掘場跡」のボスを対象としたランキングに参加し、アークスとしての腕前を見せつけてください!
予告エネミー撃破ランキング開催中は、対象のエネミーからのレアドロップ倍率が+400%となる上、特別にすべてのレアエネミーの出現倍率が+100%となっております!
(以下略)
公式の「インタラプトランキング&緊急予告発生」より

「昨日買ったサテライトライザー、いっぱい出る予感!」
「キングスビットと同じく希少価値が下がる運命・・・これはどう見ても9月7日の想起だな・・・。」
「数もいっぱい、買うのも簡単、こうなったらもう珍しくも何とも無いね!」
「日が経てば量産もされるし、希少価値も下がる。それは至極当然だ。だが、その上で言う。サテライトライザーの希少価値の低下、早くないか・・・?」
「昨日買ったばかりなのにね!絶対買った時より安くなるよ!」
「残念だがそうなるだろう。」
「やーいばーかばーか!」
「このキャンペーンイベント自体が予想外のものだから仕方が無いとは言え・・・相方にも協力してもらっただけに残念な気持ちが半端ではないな・・・。」
「相方?誰?どんな人?」
「フウコと言って――あぁ、あそこに居るな。(通信機器に触れながら)君の事を連絡しておいた。会ってみると良い。私はこの採掘場跡から発信されているサポートパートナーの救助に行って来る。すぐ戻るよ。」
「はいはーい、いってらーん。」

・・・

「キミがフウコ?キミもサテライトライザーにお金を出してたんだって?」
「…ああ」
「やーいばーかばーか!」
「面白いヤツだな、気にいった」
「?」
「殺すのは最後にしてやる」
「!?」

ズガガガガバキューンッ

「ひいぃ!?採掘場跡のザコがあっという間に殲滅されていくぅー!?」
「…お前は最後に殺すと約束したな」
「そ、そうだアークス、助け」
「 あ れ は 嘘 だ 」

\バキューン/

「うわぁああああ!!」

(数分後)

「あいつはどうしたんだ?」(戻ってきた)
「(野に)離してやった」


想起「追憶の価値」
因みにとある人からは「やる気が萎える」「怒っても良い」と言われました。
また、後半のフウコはフウコの中の人であるふーらいにネタを提供してもらいました。私にこんな面白いものは書けません。


2013/9/10/火

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
 
「サテライトライザーを入手した。」
「ソーマ29機とエンブリオ様4機で!?」
「ああ。金が先に貯まった。」
「買ったのかよぅ!」
「特に拘りは無いからな。無論自力入手が最も望ましいが、それに拘ると切りが無いからな。」
「キミってホントにあっさりしてるね。」
「因みにこのサテライトライザー、抜刀すると光るギミックがある。」

「抜刀・納刀ギミック付き、ドロップ品(交換品ではない)、見た目、それらを全て満たすものがサテライトライザー。素晴らしい。」
「それ、キングスビットの時にも言ってたよね。」
「趣味だ。」
「そんなのどうでも良いからさ!試しに使ってみてよ!」
「そうだな。ではついさっきまで行っていたソーマさんで――」
「よぉ!」
「あ、エンブリオ様だ!超レアだよ!やったぁ☆」
「まさかエンブリオ様が来るとは・・・しかし問題は無い。では。」

「!?」
「うっわー!レアアイテムだよ!やったぁ☆」
「なんと・・・これは予想外。」
「あ、でもこれアイテムレコードに4桁もあるね。」
「しかしエンブリオ様限定らしい。」
「超レアじゃん!やったぁ☆」
「ところで、向上した攻撃力は見てくれたのか?」
「え?何の話?」
「結構向上したのに・・・。」

メセタン平常運転。


■PSO2の話 その2
9月4日のアップデートによるハードディスク内のデータが削除されてしまう不具合事件、フレンド等の話を聞いていると一番被害が大きかったのは私(四季)のようだ。あ、あはは・・・(苦笑)


■凄くこちらの都合
相方のアイコン作成が出来ていないからってメセタンを使い回しました。本当にありがとうございました。


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/9/9/月

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
「サテライトライザーを入手する為、今日もヴァーダーソーマさんに会いに行き――」
 
「エンブリオ様じゃん!超レアだよ!やったぁ☆」
「やはり青くなるのだな。」
「そんなことよりぃ、レアは?レア!」

「わぁい!レアだよ!やったね☆」
「よく見てくれ。」

「あー・・・どう見てみても武器じゃないねー。」
「所詮は運さ。レアが出ただけマシだ。さ、次だ。」
「キミって意外とあっさりしてるんだね。」
「弱音は最低でも三桁、泣いて良いのは四桁以上からだ。何かしらの感情を抱く暇等無い。一機でも多くただひたすらに試行する。そこに感情など要らない。それがレア掘りと言うものだ。尤も、これは私個人の考え方だ。他者はそうとは限らないだろう。それに、他者に勧められるような精神ではない。」
「どう見てみても無我の境地なんだけど目的とは矛盾しているんだよね。でも何故か成立している。不思議!」
「なお、ソーマさんの討伐数は現在累計29機エンブリオさん4機。まだまだ始まったばかりだ。」


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/9/8/陽

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
ヴァーダーソーマさん討伐数累計10機。まだまだ始まったばかりだ。


2013/9/7/地 (9月8日0時30分頃修正と追記)

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話

「マイショップで見つけたこのロッドを是非手にしてみたくてヴァーダーソーマさんの討伐数のカウントを開始しました。現在3機。まだまだ始まったばかりだ。」
「キミってホント馬鹿だね!」
「急に出てきてそれは無いだろう・・・。」
「だってだってぇー、これだけ妙にアイテムレコードの数が少ないじゃん?」

「すっごいレアってことだよ。出ない出ないそんなの。やるだけ無駄じゃん。」

「しかしやらねばその可能性すら失われるのだよ。」
「うっわー、流石キングスビットの属性値を50にする人の発想は違うね!」
2013/9/5
「それは属性強化の緩和が来たからだが、今の話には関係ないだろう。」
「タリスの属性値が50とかレアレア!あ、でもキングスビットってもうレアでも何でも無くなったんだっけ?」
「以前と比べれば希少価値が下がったのは確かだ。それは入手先がアドバンスの地下坑道にいるキングヴァーダーさんのみだったものが、ヴァーダーソーマさんの希少種であるエンブリオソーマさんからも入手出来るようになったからだが、それでもレアであることに変わりは無いよ。」
「入手超簡単じゃん。」
「一応希少種のみだからな?」
「買えるじゃん。」
「そんな値段では――」
「今こんな値段だよー?」

「・・・。」
「キミのキングスビット、当時(2013/8/19)70Mだったのにねー!」
「そうだな・・・。」
「今はもう値下がりの一方だし、こりゃその内誰でも手にすることが出来るくらい安くなるよ。買うのも簡単だともう珍しくも何とも無いよね!」
「・・・。」
「あ、でもでもぉー、最強でも無いしー、潜在能力(英知の行使:オートメイトデッドラインの発動率を高める)も使いにくいしー、無駄に目立つしー、買ってまで使う人なんて居ないかー☆」
「・・・・・・。」
「そもそもタリスを使う人が居ないよねー☆」
「タリスは始まってすらいないからな・・・。」
「え?あ、あれ?反発すると思ったのにしょんぼりしちゃった!?」
「開閉ギミック付き、ドロップ品、見た目――それらを全て満たすキングスビットは私の中では最強だが、他者もそうとは限らないしな・・・。」
「あー、うーん、えーっとぉ・・・あ!セット効果とかあるじゃん!強いよ!やったぁ☆」
「対象のユニットがまず集まらない。」
「うー、えー、あ!ほらほらっ、キングスビットを装備している人って少ないよね。超レアじゃん!やったぁ☆」
「選ぶ理由が君の言う通りで趣味以外に無いからな。」
「あー、うん。」
「・・・。」
「あー、うー、そのー・・・ごめんなさーい!そんなにしょんぼりすると思わなかったんだよぅ!」
「しかしそれらは全て現実であり、また事実でもある。」
「そうだけどさぁ・・・。」
「そしてそれらを全て承知した上で私はキングスビットを使っているのだよ。」
「わーっ!今すっごくキミが輝いて見えたよっ!」
「君の中の私とは一体・・・。」


■おまけ
「レアなど出ないと君は言うが、君も好い勝負ではないか?」
「ボクは特別だからね☆」


■凄くこちらの都合
相方のアイコン作成が出来ていないからってメセタンを使い回しました。本当にありがとうございました。


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


■追記
相方のメセタンが外道過ぎたので内容を修正しました。後、今日の更新に時間がかかり過ぎて開始したヴァーダーソーマ討伐数を1も増やすことが出来ませんでしたー!


2013/9/6/金

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
2013/9/5
属性強化の緩和で真っ先にキングスビットの属性値を50まで強化してやったぜ!意味などあんまり無い!

他にも新たな地「採掘場跡」に行って来たとか、希少種に出会ってきたとか、色々ネタがあるのだがそれはまた今度と言うことで。お楽しみに!


2013/9/1/陽

今日から9月だな。早いものだねぇ。


PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
今日もロッティさんのクライアントオーダー(以下CO)解放の為、ブーストクォーツ様に会いに行き――



・・・。

私の撮影能力の無さに絶望するが良いわ!本人が一番絶望しています。

それはさておき、ついにブーストクォーツ様に会うことが出来ました。

無事ロッティさんのCOを達成。いやー、長かった。この話題自体は8月18日くらいに触れたが、CO自体はもっと前からここで止まっていたんですよ。

ついでに続きの龍祭壇のブーストエネミーも達成してロッティさんのCOコンプリート。全部揃うと気持ちが良いね!

おまけ

ドロップ品の撮影にて。納刀の瞬間とか撮れなくて良いから!?


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/8/31/地

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話

浮遊大陸フリーにて。ほぼ一本道でこの形・・・なかなか素敵なマップじゃないか。・・・遠かったよ!!(涙)


2013/8/30/金

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
2013/8/20
「おや、これは・・・。」
「皆のアイドル☆メセタンだよ♪」
「へー。初めて見たよ。」
「ちょっとちょっと!もっと大きく写しなさいよ!!」
「それを私に求めるのは酷と言うものだ。」
「えぇい!そんなこと言うやつは!」

「こうして!」

「こうして!!」

「こうしてやるぅ!!」

「ぜぇぜぇ・・・どうだ!
「どうって言われても・・・。」
「帰る!」
(私はどうすれば良かったのだろう・・・?)

そして大量のメセタだけが残った。


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/8/29/樹

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話

クライアントオーダーキャンペーン第20弾の「華麗なる自由探索許可申請」を達成しに行った際のお土産。たった一周で希少種に遭遇するとは思わなかったよ。300万ID記念のレアエネミー出現倍率+50%が思ったより仕事をしているようだ。ロッティさんのクライアントオーダーのブーストクォーツ様もクリス様になっちゃうことが多くて一向に進んでいないことを思い出したよ。達成はいつになるかなぁ(苦笑)


2013/8/28/海 (16時頃追記)

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話

アイテムデザインコンテスト・アクセサリー部門作品にある「抱っこ・ラッピー」を見てついかっとなって描いた。実装楽しみだね!
なお、ついかっとなって描いただけなので決して原作と見比べたりしないように。原作に失礼だからね。


2013/8/27/火

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
気付いたら緩和されていた、なんてものが多かった。あの頃は以下略。たまには別のこともやってみるものだな。


2013/8/24/地

■更新報告
過去ログに2013年5月〜7月の分を追加しました。と言っても7月の更新は無し。放置するつもりは無かったが大分やっていなかったことが分かるな・・・。


PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
2013/8/23
エクスさんのマター品が出たよ!やったぁ!
と、言うことは――
2013/8/23
13枚目マターボード、コンプリートです!
いやー長い道のりで・・・って、実装から二日しか経ってないじゃないですか!?
追憶の熱砂までにコンプリート出来たら良いなーとか思っていたのだがそれどころの話では無くなった。運が良かったのだろうが、それにしても早い。思い出せば、実装の翌日にはゴロンさんのロッドを出して残すはエクスさんのみと言う状態だったな。余談だが実装当日は実装されたシナリオを全部やっていた。
うん、想定外の早さに追憶の熱砂までどうしようと言った感じ。多分ロッティさんのクライアントオーダー(以下CO)の解放をすると思うが、対象がLv41以上の浮遊大陸エリアにいる侵食核付きクォーツ・ドラゴンなんだよな。26日以降は300万ID記念でレアエネミー出現のブーストが入るから不利になると思うと・・・わあ、どうしよう(苦笑)
こう言ってはいるが多分のんびりと何かしているんじゃないかな。固定緊急とかもあるしな。仮にマルチエリア等で会う機会がありましたらよろしくお願いします。こちらもいつも通り頑張ります。


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/8/23/金 (18時頃追記)

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話

入手はいつになるだろうねと昨日話したばかりの13枚目マターボードのE-6にある武器を入手しました。進行状況ゲージはほとんど進んでいなかったはずなので入手は運が良かったと思われる。これは想定外。後エクスさんしか残ってない・・・!

それはさておき、現物ですが・・・

あのゴロンさんのロッドです。
龍祭壇の実装後初めてゴロンさんを見た時に「あ、この杖実装されそう。」と思っていたので「やっと来たか!」と言った感じ。

装備するとこんな感じです。

まあ素敵な再現率。どう見てもそのままにしか見えませんね。
ほら、召喚もこの通り!

ごめんなさい言ってみたかっただけです。

■追記
キャンプシップだと芸が無いなーと思いSSを差し替えてみました。それっぽくなった一方で光源の向きが微妙なので武器を見せる分には良くないかもしれない。そう言う意味ではキャンプシップは安定だな。ただしエクストリーム、お前は駄目だ。


2013/8/22/樹

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
ストーリーが21日に追加されたので早速全部やってきました。気になったのでつい、ね。ネタバレが多すぎるので多くは語りませんが、今回も良い感じだったよ!追加された分の内最後のストーリーはもう・・・思う所が多くて語りきれないくらい。燃える展開もありました。えぇ、是非皆様も自キャラ視点で見てみて下さい。きっと燃えると思いますよ。無論強制ではなく気が向いたらどうぞ程度の勧めです。その上で私個人的にはお勧めです。ある程度日が経ったら反転結界付きでネタバレ万歳な感想記事でも書こうかな。
ストーリーは全部見たので後はただの私の趣味でマターボードのコンプリートを目指すことになるだろう。それはさておき、人によっては今回のマター品収集は億劫かもね。地域は龍祭壇で統一だが、その場所が、ね。固定緊急が海岸と浮遊と言っているので龍祭壇には意図的に行く必要がある。それが面倒な方もいそうだ。その上で一つだけ提案。13枚目マターボードのE-6にある武器が面白いので目指してみても悪くないかもしれませんよ。こちらもそれを入手したら記事にしてみようかな。いつになるか分からないけどな(苦笑)


2013/8/21/海

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
  2013/8/19
夢と憧れだったキングスビットをついに入手しました!開閉ギミック付き、ドロップ品、見た目、それらを全て満たすものがキングスビット。素晴らしいです!私の中の最強タリスだ!(キリッ)
余談だが、潜在Lv2は称号欲しさに強化した為。
金銭的に2スロが限界だったので、ある程度金銭が集まったら3スロに挑戦してみたいかも。でもいつになるかなぁ(苦笑)
そう言えばキングスビットって「装備している人が少ないレア武器ランキングタリス部門第一位(公式)」なんだよな。入手困難な上に最強武器が他にいたから選ばれることすらなかったのかもしれないね。
何はともあれship9でキングスビットを装備している緑な人を見かけたら私かもしれません。と言っても過言では無い程に他の方が装備しているところを見たことが無い。ある意味ラッピーより珍しいかも。
周囲の人々がPSO2に飽きて他ゲームに流れている中、キングスビットでむしろPSO2にやる気を見出した私なのでありました。

あ、そうそう。ロッティさんのクォーツ様はアドバンスも利用したけどまだです。「ロッティさんのクライアントオーダーを受けているとブーストエネミー遭遇率が下がる」と言う噂すら聞こえてきます。何にせよ気長にやって行くよ。


2013/8/18/陽

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
2013/8/17
あのロッティさんが赤になりました。凄いと言う人もいればどん引きする人もいるだろう。彼女のクライアントオーダー(以下CO)は地域指定故に達成が面倒または困難と思う方が多いはず。私もその例に洩れず未だにクォーツ様が達成出来ていません。参考までにCOの内容は「Lv41以上の浮遊大陸エリアにいる侵食核付きクォーツ・ドラゴンが対象」。地域指定さえなければTAの突破で良いのだがそう言う訳にも行かず。高リスクのアドバンスなら可能性はあるかもしれないが、ボスがクォーツ様とは限らないのが欠点。PTメンバーを集めてもクォーツ様の数を増やすことは出来ないから道中のEトラを含めても周回回数が多く求められる。何よりそれらの条件が無くてもクォーツ様の相手は決して楽ではない。なかなか大変だね、と言う話。
しかし折角ここまでCOを解放したのだから最後まで解放してみたい。ま、今まで通り気長にやっていくことになるだろう。達成出来たらここの更新ネタにするね!


※フラグが立ちました


2013/8/17/地

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話

なんとまあ比較的綺麗な左右対称マップ。たまにあるよな、こう言うの。システム的には何の得も無いのだが嬉しい気持ちになる。


2013/8/16/金

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
2013/8/15
バル・ロドスさんからマター品出たよ!これで12枚目マターボードコンプリート。これで心置き無く21日を迎えられると言うもの。初日からシナリオとマターに全力になりたい為だけに12枚目マターのコンプリートを目指していたのであった。
バル・ロドスさんのマター品は結局進行状況のゲージがいっぱいになるまで出ませんでしたね。いやぁ大変だったなぁ。何せほとんどソロでやりましたから。と言ってもNPC付きですが。NPCが居るから大変なんだよと言う突っ込みはご尤もです。ほら、オートワードを聞くのが楽しくて。良いモチベーション維持になるんですよー。え?私だけ?


2013/8/13/火

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
外伝と言う名の本編戦技大会実績(2013/8/11) ※ネタバレ注意(今更だとしても)
あらすじ図鑑に載せたいが為にBとCルートに行って来た。参考までに各ルートのエキシビションの内容は以下の通り。ネタバレの為一応反転結界(Aルートはクラリスクレイス様、Bルートはヒューイさん、Cルートはダークファルス【若人】と会話
 (ネタバレ注意)
突っ込むところが多すぎて何処から突っ込めば良いか分からない登場シーン。このSSだけで相手が分かる凄まじい存在感のBルート。1,000pt+エキシビション(初見)をクリア。道中からボス戦まで相変わらずタリスと火テクのみ。戦闘に入る前に行われた会話の内相方の即答は私と同じ属性な気がしたくらいでそれ以上目立って面白いことは自分では起こせず。
Cは「外伝と言う名の本編」を地で行くもの。なかなかに興味深かったよ。


2013/8/11/陽

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
放浪したいが為にチームを脱退した。それ以上の理由は無い。


2013/8/10/地

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話

やり取りはただの妄想です。サマー・ラッピー可愛いね!


2013/5/8/水

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
・龍祭壇フリーにて
2013/5/7
これは・・・。あぁ、遠かったよ・・・。


2013/4/27

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
・戦闘不能になりにくい耐久型支援を目指した結果、法撃クラスで夢のHP四桁達成の図


2013/4/26/金

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
2013/4/25
もっふもふ!幸せだ・・・。
パラレルのラッピーの楽園、行きたかったんだ。行けて良かった。何処を見てもラッピー、あっちからもこっちからも「きゅうきゅう」、なんて素晴らしい空間。しばらく眺めた後、颯爽と現れたキャス子が脱出経路を確保してくれました。私一人だと一時間は眺めているからな。(前科者)


2013/4/13/

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
外伝と言う名の本編戦技大会実績(2013/4/7)
 (ネタバレ注意)
1,000Pt+エキシビションをロッドで失敗してタリスで成功。また、エキシビションのボス(氷弱点)要するにクラリスクレイス様を火テクニックのみで撃破。縛りプレイのつもりは無かったがそうなっていた。SSのタイミングが良くないがそこは私だから仕方が無い。
やった感想、と言うよりは結論に近いが・・・・・・慣れないことはしない方が良い。肝心な所で失敗してしまうからな・・・。(ロッドを見ながら)
とは言うものの、その失敗を減らす為に努力することを、慣れる為に経験を重ねることを否定はしない。むしろそれは良いことだ。
私もロッドに慣れる為に実戦で今も経験を重ねているのだが、いまいち成長が見られない。ロッドに限らずタリス以外の武器はどうも扱いが下手である。並にすら成れないのは少々悲しい。しかし多くの人はこう思うだろう――普通逆だろ!?、と。


2013/3/28/木

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
2013/3/20
一ログインにつき一回以上の遺跡通いで念願のレーウェンブックさんを入手。エーベルさんの色違いなだけかと油断していたら意外と気に入ってしまいまして今ではヴァーダービットさんと並んでメイン武器に。


2013/3/19/火

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
2013/3/18 サブ武器のルビアシェント
継承試行回数は想定内、消費グラインダー二桁。運命?局地的な火力担当。

普段大したことをしていないのでこれくらいしかネタが無いとです。


2013/3/13/水

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
2013/3/9
お約束です(キリッ) 一度も体感したことが無い幸運の羽根。一体どれ程の率なのだろうね。


2013/2/25/月

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
2013/2/22 サブ武器のメタリイグニス
継承一発成功、消費グラインダー300個未満。何処か運命を感じた。
常に雷を纏うメタリさんカッコイイよ!見たこと無いな!!
意外だったのは、瞬刻の理Lv3(テクニックのジャストアタック効果が5%上昇)のラムダヴィスバーンをあっさり超えたことだ。


2013/2/9/地

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
私の罪を数えてみた
いつかのツイッターPSO2タグであった☆10武器一覧画像。偏ってるよな、主にクラスが。


2013/2/6/海

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
・最近の私
 支援回復特化として生きることを決意した。この決意自体は大分前からだが、言うのは初めてかもしれない。とにかく・・・私一人では何も出来ないことが多い。だからこそ――貴方が必要。いつも一緒にプレイしてくれるふーらい、アラちゃん、スフリアさんに、千の感謝を。これからもよろしく頼む。勿論、これから一緒にプレイしてくれる方も、マルチエリアでご一緒する機会がある方も。
 私自身に火力が無いと言う機会は多いが、実は本人深く気にはしておらず、しかし全く気にしていないわけではないのでグラインダーの消費量緩和を機会に瞬刻の理Lv3(テクニックのジャストアタック効果が5%上昇)のラムダヴィスバーンを作ったと言う。

 作ってはみたものの、良くも悪くも目立つヴァーダービットの方が他人に支援しやすいのでラムダヴィスバーンさんはボスのダウン時など限定的な場合にしか出す機会は無いが、既に十分な活躍が見えていたりする。そらぁ刹那の撃鉄が強いと好まれるわけだな。理解理解。


2013/1/1/新年

 明けましておめでとうございます!
 今年もよろしくお願いします!


2012/12/19/水

■珍しい更新
 PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の自キャラ紹介ページを作ってみた。大した情報は書いていないが・・・誰か見てくれると嬉しいね。こんなところに導具遣いがいるんだね、と言う話。
 一週間前も作ってたんだが、エラー落ちで全部消失しちゃって。まぁ、そんなこともある。


2012/10/21/明日は月曜日・・・な日曜日

■最近は何してたの
 PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)始めました。9シップ。メインもサブもフォースとテクターによるテクニックとタリス遣い。ラッピーファンファンのラッピーが可愛過ぎてタリス遣いになった。ラッピー可愛いよラッピー。和服が似合うと言われて、導具もオンミョウキカミと合わせて気分は陰陽師もしている。
 テクニックとタリスの紹介ページを作ろうと思ったが、Wikiが十分な情報を提供しているので必要性を感じず。私如きの小さな存在では出来る範囲など高が知れていると改めて痛感した。


ポプパラ