ポケモンダブルバトル イッシュ限定での個人的感想のぺーじ(はぁと

役立つか役立たないかじゃない。私が書きたいから書いただけだ。
しかも、最近あんまダブルしてないんだ!!

ちなみに、ここに書いてないポケモンはようするに
出された事すらない、出されたが怖くはなかったポケモン達。

ジャローダ
特性 しんりょく
HP 75 イッシュ御三家の中でもシナリオ内で一番酷い扱いを受けてると思われるポケモン(
S113と高い耐久がミソ。
光の壁やリフレクター、蛇睨みによる麻痺ばら撒きなどサポート型が多い。
光の粘土を所持している場合、壁系の効果が8ターンにも及ぶので非常に便利で厄介。
蛇睨みも高命中な上に地面タイプでも麻痺する優秀な補助技。
挑発されても、そこは腐っても御三家。リーフストームとハードプラントが切り札に使える。
攻撃 75
防御 95
特攻 75
特防 95
素早 113

エンブオー 炎/格闘
特性 もうか
HP 110 バシャーモとゴウカザルにその位置を完全に奪われてしまっている悲しい御三家炎。
とはいえイッシュ限定ならこの二匹はいない…!!
ただし、代わりにコピペロス三兄弟の飛行のせいでやっぱり立場がない。
HPはあるのだが、鈍足な上にトリックルームさせるには微妙な速度。
おかげでビックリする程ダブルバトルで見かけない。シングルでも当然見かけない(
攻撃 123
防御 65
特攻 100
特防 65
素早 65

ダイケンキ
特性 げきりゅう
HP 95 イッシュ御三家であり技のデパート。進化前からどうしてこうなった。
水タイプと弱点が少なく、かつメガホーンなどの変り種な技を習得出来るのがポイント。
特攻も高めなので物理と特殊を両方持っている場合もあり、型が非常に読み辛い。
先制のアクアジェットもある為、頑丈や襷で暴れようとするポケモンにも牽制可能。
ちなみに、さりげなくアンコールを覚える。
攻撃 100
防御 85
特攻 108
特防 70
素早 70

ムーランド ノーマル
特性 いかく/すなかき
HP 85 特性威嚇と高い耐久力でその場に居座る番犬。
繰り出された場合、エースが物理アタッカーである場合は注意が必要。
覚える技の範囲が広い為に型が読み辛く、出てくると対応に困るポケモン。
種族値も特攻意外は比較的高水準であり、序盤のポケモンの中では圧倒的に強い。
ただ、覚えるワザに一撃が重いタイプが少ない。積みワザの起点に利用されないようにしたい。
攻撃 100
防御 90
特攻 45
特防 90
素早 80

レパルダス
特性 じゅうなん/かるわざ
HP 64 にゃ〜ん。色んなNPCが繰り出してきては、一撃で果てていく悲しい悪タイプ。
ただ、特性はどちらも優秀。猫騙し+ノーマルジュエルで軽業を発動させれば一気に最速に。
能力は攻撃型だが、攻撃させるなら固有ワザもあるゾロアークの方が優秀。
この子は欠伸や横取り、挑発などで相手に嫌がらせをする方が良いだろう。
一応、防御に努力値を全振りすれば不一致格闘やドレインパンチくらいなら耐えてくれる。
攻撃 88
防御 50
特攻 88
特防 50
素早 106

ムシャーナ エスパー
特性 よちむ/シンクロ/テレパシー(金曜日に夢の跡地に現れる固定シンボルが所持)
HP 116 素早さを犠牲に、非常に高い耐久力を持つエスパーポケモン。
夢特性テレパシーで味方の全体攻撃を回避出来るので、相方は全体攻撃持ちがオススメ。
特に3割の率で麻痺になる放電や、高威力の地震、まさかの大爆発などが素敵。
ダブルバトルで重要な守るを封印してきたり、トリックルームがあったりと凶悪。
見せ合いに遅いポケモンがいたら、相手はトリックルームを警戒せざるをえない。むぅぅぅん。
攻撃 55
防御 85
特攻 107
特防 95
素早 29

ゼブライカ 電気
特性 ひらいしん/でんきエンジン
HP 75 S116を誇る高速アタッカー。特性も非常に優秀。
攻撃力の高い物理ワザがことごとく反動を受けるタイプなので場に居座れないが
ゼブライカが倒れる頃に相手のポケモンを二体倒してしまえばなぁに問題ない、というポケ。
何故か炎ワザの威力140であるオーバーヒートを習得可能。おかげで虫や鋼などにも強い。
逆に相手にする場合、迂闊に炎弱点の物理受けを前に出さないように。ナットレイとか。
攻撃 100
防御 63
特攻 80
特防 63
素早 116

ギガイアス
特性 がんじょう
HP 85 イッシュの特徴である「遅い、強い、硬い」を最も具現化したといえる典型的岩ポケ。
特性のおかげで即死しない為、安心して大爆発などしてしまえるのが強み。
最大の難点の素早さをトリックルームで覆した日には、相手は地獄を見るだろう。
A135、タイプ一致から繰り出される岩雪崩やストーンエッジはまさしく凶器。
逆に、先制攻撃による頑丈潰しなどには十分な注意を。型破りオノノクスにも警戒。
攻撃 135
防御 130
特攻 60
特防 70
素早 25

ドリュウズ 地面/鋼
特性 すなかき/すなのちから
HP 110 砂パーティでお馴染みの超速アタッカー。
イッシュ限定の場合砂嵐は自力で起こす必要があるが、起こしさえすれば無敵の土竜タイム。
起こさなくても、追い風やスカーフなどを使えば十分先手を取れる素早さなのも魅力。
急所狙いのドリルライナーや、役割を問答無用で破壊する角ドリルを覚えるナイスガイ。
ただし、鋼との複合型の割に弱点が多く、大体一撃で落とされる程に脆い点には注意。襷が欲しい。
攻撃 135
防御 60
特攻 50
特防 65
素早 88

ローブシン 格闘
特性 こんじょう/ちからずく
HP 105 「遅い、強い、硬い」を揃えた鈍足格闘。
A140とぶっ飛んでいる上、特性がどちらも優秀。
特性を根性にした場合、火傷による攻撃減少が効かない為アタッカーとして死なない。
弱点は飛行とエスパー。
が、飛行にはストーンエッジや岩なだれ、エスパーにはしっぺ返しがあり隙が少ない。
唯一の欠点である素早さは追い風レベルではどうしようもないが、トリックルームなら。
攻撃 140
防御 95
特攻 55
特防 65
素早 45

ガマゲロゲ 水/地面
特性 すいすい/どくしゅ
HP 105 一部で大人気のオタマロ最終形態。水/地面という変り種で、草以外に弱点を持たない。
種族値は微妙なのだが、ダブルにおいて優秀な熱風、岩雪崩に耐性があり非常にタフ。
その上、自分自身は濁流や岩雪崩といった範囲ワザを使用可能。恐るべしゲロゲ様。
唯一の弱点は草なのだが、草結び程度では落ちない体重。
さらに、イッシュダブルにおいてはコピペロス達のせいで草は場に出し辛い。
多少のダメージはドレインパンチで回復し、弱点のハンパな素早さは特性で解消可能。
おそらくグローバルリンクWi-Fi大会において、最も株価の上がったポケモン。
攻撃 85
防御 75
特攻 85
特防 75
素早 74

ナゲキ 格闘
特性 こんじょう/せいしんりょく
HP 120 おそらく柔道をイメージしたポケモン。低速だが、耐久と火力をバランス良く兼ね備える。
素早さは遅いが、むしろ後攻ワザで生きるポケモンなのでトリックルームは不要。
ダメージを受けた場合威力が倍のリベンジ、絶対急所の固有ワザヤマアラシなどが強力。
また、ワイドガードにより相手の範囲攻撃を無効化出来るのも強み。
攻撃 100
防御 85
特攻 30
特防 85
素早 45

ダゲキ 格闘
特性 がんじょう/せいしんりょく
HP 75 ナゲキに対し、こちらは空手をイメージした?ポケモン。ナゲキより早くなったが、耐久を失った。
とはいえ、優秀な特性である頑丈と、格闘なら是非欲しいインファイト持ち。上手く運用したい。
こちらはダブルバトルにおいて優秀な猫騙しなどの先制ワザを無視するファストガードを覚える。
隣にエルフーン等支援に回すポケモンを置かれると、プレッシャーがハンパない。
攻撃 125
防御 75
特攻 30
特防 75
素早 85

ペンドラー 虫/毒
特性 どくのトゲ/むしのしらせ
HP 60 虫ポケモンなのに脅威の体重100kg越え、デカムカデ。
高い素早さを活かした先制攻撃を得意とする、ゼブライカに近いタイプ。
ただ、この素早さを持ちながら岩雪崩を習得可能。場合によっては一方的な展開に持ち込める。
外見に似合わずバトンタッチを習得可能。
後続に頼れるポケがいるなら、アタッカーに見せかけた支援に回ってくる事もある。
攻撃 90
防御 89
特攻 55
特防 69
素早 112

モンメン
特性 いたずらごころ/すりぬけ
HP 40 まさかの進化前。悪戯心が存在意義の全て。
ようするに悪戯心ポケがもっと欲しい場合の選出。戦法については次項エルフーンで。
攻撃 27
防御 60
特攻 37
特防 50
素早 66

エルフーン
特性 いたずらごころ/すりぬけ
HP 60 もっふもふ!特性の悪戯心が全て。追い風や神秘の守り、威張るなどでしっかりサポート。
他に悪戯心を持つ準伝説トルネロス、ボルトロスより素早さが高いのは重要。
挑発などを先制で入れる事である程度は二匹を牽制出来る。
欠点はもちろんこちらも挑発。
素直に入れ替えても良いが、わざと暴風やギガドレインを覚えさせて居座らせても強い。
ちなみにコットンガードを二回積んだ場合、物理では急所以外どうしようもなくなる。
飛行だろうが、炎だろうが、とにかく物理で落とす事は不可能と考えていい。もっふもふ!
攻撃 67
防御 85
特攻 77
特防 75
素早 116

ドレディア
特性 ようりょくそ/マイペース
HP 70 ポケモン世界でのドレディアは俺の嫁。異論は認めない。ってか出された試しがほぼない。

は置いといて(
草単色の特殊アタッカー。基本的には蝶の舞を積んでからが勝負。
特性マイペースのおかげで花びらの舞でも混乱しないが
ダブルだとターゲットが指定出来ないのが痛すぎて戦いづらい。リーフストームが無難か。
なお、イッシュに限定した場合唯一フラフラダンスを覚える。
相手が混乱対策をしていない場合、S90からのフラフラダンスは効果抜群。相手陣をかき乱せる。
攻撃 60
防御 75
特攻 110
特防 75
素早 90

ヒヒダルマ
特性 ちからずく/ダルマモード(古代の城入り口周辺のオブジェクトに『いかりまんじゅう』を渡す)
HP 105 A140をちからずくでぶっ放してくる恐ろしい炎アタッカー。
防御系は薄いもののHPは105と高水準であり、努力値次第で二倍弱点を耐える事も可能。
Cが30と見捨てたも同然の値のせいで、合計種族値よりも断然強い。
腹太鼓を覚えるが、無理に積まなくても十分素で戦える。

なお、ダルマモードの場合はHPが半分を切るとダルマに切り替わり、ステータスが変化する。
防御系が105、C140に上昇し、Aが30、Sが55に落ちる。総合的にはダルマモードの方が数値は高い。
とはいえ、元々高速アタッカー型のこの子がHP半減の状態でSの低下というのは厳しい。
運用は玄人向けか?
攻撃 140
防御 55
特攻 30
特防 55
素早 95

ズルズキン 悪/格闘
特性 だっぴ/じしんかじょう
HP 65 悪/格闘という変り種。弱点が飛行と格闘のみで、さらに四倍弱点がなく、防御が高い。
特性も優秀な上に落ちにくいので、積みワザを出しやすい。
ビルドアップはまだしも、タマゴグループにドラゴンが含まれているせいか龍の舞を遺伝可能。
高い元の防御と、積みワザによる補強の相乗効果で長く場に居座りたい。
逆に相手をする場合は、特性が脱皮だったりする事も考慮しなければならず面倒な相手。
幸いSは58と高くはないので、一気に攻め落とすか、積みワザが見えたらアンコールで縛ると良い。
攻撃 90
防御 115
特攻 45
特防 115
素早 58

デスカーン ゴースト
特性 ミイラ
HP 58 B145という飛んだ値を始め、特防にも優れているゴーストタイプ。
鬼火を覚えるので物理に対しては無敵に近い。が、やっぱり悪は苦手。辻斬り急所はバッチリ効く。
特攻も高いので普通に攻撃可能であり、相手が触れるとミイラになってしまうオマケ付き。ウザい。
この硬さと遅さから、ムシャーナと同じくトリックルーム要員にもなる。
攻撃 55
防御 145
特攻 95
特防 105
素早 30

アバゴーラ 水/岩
特性 ハードロック/がんじょう
HP 74 水岩タイプの亀。防御能力等はさほどでもないが、殻を破るがやっぱり凶悪。特性頑丈で更に凶悪。
殻を破るを積まれると、先制ワザなどで落とさないと一匹に全滅させられかねない。
さらに、アバゴーラ自身も先制ワザ、アクアジェットを覚える。鬼畜か己。
隣はモロバレルで怒りの粉など、アバゴーラを殴らせない布陣で来る事が多い。
ちなみに、意外とハードロック型もいるらしい。大会では会わなかったが。
攻撃 108
防御 133
特攻 83
特防 65
素早 32

アーケオス 岩/飛行
特性 よわき
HP 75 攻撃、特攻、素早さにおいて隙のない岩飛行タイプ。
飛行のジュエル+アクロバットにより、物理に抵抗力のないポケモンは大体一撃。
HPが半分になると特性のせいで弱体化するので先手必勝。
タイプ一致の岩雪崩連射型もなかなかに強い。とにかく、HPを半分以下にしたい。
とはいえ、この子の仕事はジュエルバットで事実上終了である事も多い。
攻撃 140
防御 65
特攻 112
特防 65
素早 110

ゾロアーク
特性 イリュージョン
HP 60 化け狐。ゾロアークが6匹の中にいる時点で、嫌でも読みを要求される。
配布されてるゾロアークLv50を適当にPTに入れておくだけでもプレッシャーになる優れたポケモン。
攻撃能力も優秀で、エスパーやゴーストを一撃で落とすだけのパワーがある。
格闘タイプに化けて出てきたりすると鬼畜だが耐久は紙。
全体攻撃などで素早く化けの皮を剥がしたい。
ゾロアークだと分からなかったが殴ったら一撃で倒せた、は良くある事(
攻撃 105
防御 60
特攻 120
特防 60
素早 105

チラチーノ ノーマル
特性 メロメロボディ/テクニシャン
HP 75 可愛い見た目とは裏腹に、特性テクニシャンを活かした連続攻撃を得意とするノーマルポケモン。
特にタイプ一致のスイープビンタの威力が驚異的で、防御型のHPをごっそりと持っていく。
また、他にも種マシンガン、ロックブラストなど連射系のオンパレード。
幸い、スキルリンクはないので2回で止まればさほどの火力にはならない。5回は…死ぬよ!

ちなみに、夢特性はスキルリンク。今後もし解禁されれば、新たな安定した攻撃種になるかも?
攻撃 95
防御 60
特攻 65
特防 60
素早 115

ランクルス エスパー
特性 ぼうじん/マジックガード
HP 110 ムシャーナを攻撃型にしたステータスを持つエスパータイプ。
防御や特防自体はそうでもないが、HPは高いので意外と耐久力もある。
特性マジックガードの効果で様々なダメージが無効になるのもポイント。命の珠の反動すら無効!
また、わざと火炎球を持たせて火傷にする事で、状態異常を防ぐという使い方も。
ムシャーナ同様、トリックルーム要員の一匹。
そして、トリックルーム下で最も恐ろしいポケモンの一匹でもある。
攻撃 65
防御 75
特攻 125
特防 85
素早 30

シュバルゴ 虫/鋼
特性 いたずらごころ/すりぬけ
HP 70 炎以外に弱点を持たない虫鋼タイプ。攻撃と防御面に優れており、炎技がないと非常に厄介。
遅い分カッチカチにしたハッサム、というイメージ。
メガホーンなど虫の攻撃技にも優れており、エスパーや悪タイプに対し最高の相手。
Sが20ととんでもなく低い為、トリックルーム下において無敵の速さを誇る。
早いシュバルゴって絶対カッコイイよね(
攻撃 135
防御 105
特攻 60
特防 105
素早 20

モロバレル 草/毒
特性 ほうし
HP 114 きのこの胞子が使える草毒タイプ。
きのこの胞子を覚えるポケモンの宿命か、S30は救いだが、他のステータスはかなり高水準。
怒りの粉という、攻撃を全て自身に向けるという技が強力。これにより隣のポケモンが安全になる。
本人も特性は胞子であり、接触攻撃はどうしても避けたくなる。
かといって、残しておくときのこの胞子が…とまぁ、嫌がらせとサポート全開のポケモン。
一応、怒りの粉は優先度+3で猫騙しと同じ。つまり、猫騙しでなら潰す事も可能である。
攻撃 85
防御 70
特攻 85
特防 80
素早 30

ブルンゲル 水/ゴースト
特性 ちょすい/のろわれボディ
HP 100 水ゴーストという弱点の少ない受けタイプ。耐久がとにかく高い。
特性呪われボディによりワザをかなしばりに出来るのもポイントが高い。
そしてトリックルームを覚えます。攻撃側からすればなめてんのか(#^ω^)ピキピキ状態
逆に、攻撃範囲はそこまで広くない。弱点である悪タイプを投入すればあっさり流せる事も。
最近では拘りで縛って吹雪や潮吹きを放つ、まさかの攻めブルンゲルも存在する。
拘りで縛って潮吹きとか…何ていやらs(
攻撃 60
防御 70
特攻 85
特防 105
素早 60

ナットレイ 草/鋼
特性 てつのトゲ
HP 74 格闘と炎以外に弱点を持たない、究極の物理受けタイプ。
大体触れるとゴツゴツメットがおまけでついてきて酷い目に合わされる。
防御面だけでなく、ジャイロボールやパワーウィップといった攻撃面においても優秀。
イッシュに限らず、神速カイリューなどに後出しするだけでもマルチスケイルは解除出来る。
全体的に隙の少ない、優秀な受けポケ。ただ、炎四倍はもう仕方ないとしか。
だから、間違ってもゼブライカの前に出しちゃいけないぞ!
攻撃 94
防御 131
特攻 54
特防 116
素早 20

シビルドン 電気
特性 ふゆう
HP 85 電気タイプなのに浮遊している為、事実上弱点がない電気ウナギ(?)
能力は物理寄りだが、覚えるワザは特殊の方が優秀。両刀にするのもアリ。
全体的にスペックが高いが、型破りには要注意。
攻撃 115
防御 80
特攻 105
特防 80
素早 50

オーベム エスパー
特性 テレパシー/シンクロ
HP 75 シングルでは耐久をムシャーナとゴチルゼルに、攻撃をランクルスに食われ立場がなかったが
ダブルとなっちゃー黙っちゃいないぜ!と頭角を現してきたエスパーポケモン。
シンプルビームによって相手の特性を潰したり、逆に味方の積みワザを補強したり
その補強した積みワザを自己暗示で自分にもかけたり
ムシャーナより僅かに早いSにより守るを封印したり…と、ダブルでは一転して活躍を見せる。
支援型なので挑発に弱いが、サイドチェンジで避けたりする事も出来る。
ガマゲロゲに続いて、イッシュダブルにおいて評価されたポケモンと言える。
攻撃 75
防御 75
特攻 125
特防 95
素早 40

シャンデラ ゴースト/炎
特性 もらいび/ほのおのからだ
HP 60 四天王の一人、シキミの切り札。熱風!!で弱点じゃなくても致命傷になる特攻145。
なんとこの数値、伝説除けばNo1。なにそれこわい。
一応弱点としてHPは低い。Sも80とややハンパ。
その為、隣に何がいるかによってプレッシャーがガラっと変わる。
浮遊してるように見えるが地面も通るので、何とか倒したい。でも防御もやや高い。なにそれこわい。
熱風がくるぞー!って守ったり交代したりしたらトリックルームでした☆ミ とかやられると色々と詰む。
こわい。
攻撃 55
防御 90
特攻 145
特防 90
素早 80

アギルダー
特性 うるおいボディ/ねんちゃく
HP 80 S145という脅威の速さを持つ虫ポケモン。
虫の割に特殊ワザに恵まれている為、先制で強力な特殊ワザを叩き込みやすい。
イッシュポケの特徴を真逆にしたようなタイプだが、上手く使いこなしたい。
努力値をHPに全振りし、命がけで敵を葬るアギルダーも存在する。
攻撃 70
防御 40
特攻 100
特防 60
素早 145

マッギョ 地面/電気
特性 せいでんき/じゅうなん
HP 109 オタマロと同じような人達に大人気!マッギョを扱う人の事をマッギャーと呼ぶ(
ただ、そのツラとは裏腹に高い耐久性を持ち、放電や濁流といったダブル向けのワザを操る。
耐久に振ればサザンドラの拘り流星群すら耐えてしまう。
弱点はそこそこ多いが、眠って回復しつつ静電気をばら撒くその姿はまさにトラップポケモン。
その容姿からか、今日もなおマッギョに惚れる人は多いという。いや結構マジで。
攻撃 66
防御 84
特攻 81
特防 99
素早 32

コジョンド 格闘
特性 せいしんりょく/さいせいりょく
HP 65 持ち前の素早さと猫騙しが強力。
超火力と耐久の代わりに素早さと器用さを得たローブシンといった感じ。
特性がどちらも優秀であり読み辛く、下手に猫騙しや岩雪崩の怯みを期待出来ない。
相変わらず飛行にはストーンエッジ、エスパーにはとんぼ返りがある為に隙がない。
防御性能は紙なので、弱点に関係なく強力な攻撃を叩き込めば大抵一撃。襷が欲しくなる。
攻撃 125
防御 60
特攻 95
特防 60
素早 105

サザンドラ 悪/ドラゴン
特性 ふゆう
HP 92 ゲェェェェチス様の切り札。高い特攻と幅広いワザによりどんな敵も一撃で葬る600族悪竜。
特に拘りメガネ装備の際の火力は鬼。流星群を耐えるのはよほどのポケモンでないと不可能。
タイプに悪が混じっているせいで、特殊アタッカー潰しのミラーコートが無効というオマケ付き。
さらに、イッシュダブルにおける竜の中では一番早い。つまり、オノノクス、クリムガンに先制が取れる。
その存在感は、イッシュダブルでオノノクスとクリムガンの姿がほとんどなかった程。
唯一の欠点が、実はウルガモス。
Sで負けており、蝶の舞で一撃で落とせなくなり、虫のさざめきで確実に倒される。
対策にストーンエッジを投入したいが…覚えるワザが多いだけに悩みどころ。
とはいえ、さすがはボスの600族。強いには違いない。
攻撃 105
防御 90
特攻 125
特防 90
素早 98

ウルガモス 虫/炎
特性 ほのおのからだ
HP 85 今期チャンピオンアデクの切り札であり、彼を象徴するようなポケモン。タイプは虫炎と変り種。
種族値の合計はそう高くないが、その内容は実質使わない攻撃防御が低いだけで性能は凶悪。
さらに蝶の舞を覚える。蛾なのに。
一度舞ったウルガモスを抑えるのは容易ではない。
とまぁ、一見超強いのだが、イッシュダブルでは大抵の物理アタッカーが岩雪崩を使う。
防御値の非常に低いウルガモスで四倍弱点を耐えられるハズもなく…
実は出す側もそれなりに考えないといけないポケ。
凶悪竜サザンドラに対する最も強力なメタポケモン。
攻撃 60
防御 65
特攻 135
特防 105
素早 100

テラキオン 岩/格闘
特性 せいぎのこころ
HP 91 特性正義の心を利用し、相方から袋叩きを受ける事で一気に攻撃を4段階上げてくる恐ろしい準伝説。
大体、隣は攻撃を削ったエルフーン。使う場合も使われる場合も。もっふもふ!
足が早い為、延々と先制岩雪崩を叩き込まれると何も出来ず蒸発させられる。
弱点は決して少なくないが、四倍弱点がないのでハンパな火力では一撃で落とされないのもさすが。
相手にする場合、拘っている場合は襷でないので、特殊攻撃で弱点を突ければ一撃で倒せるだろう。
逆に遅い場合は襷である可能性が極めて高い。先制+弱点の二段構えで迎撃せざるをえない。
または、速攻でエルフーンないし隣の相方を叩き落してしまうと良い。
それにしても、テラキオンが大暴れしたせいで他二匹の闘ポケが空気である。仕方ないか。
攻撃 129
防御 90
特攻 72
特防 90
素早 108

トルネロス 飛行
特性 いたずらごころ
HP 79 通称コピペロス三兄弟の一匹。追い風使う方。
ボルトロスと比べるとやや支援寄りの印象を受けるが、その攻撃能力で支援かよ!のレベル。
悪戯心のせいで変化ワザが絶対先制なのが非常に厄介。
ただし、エルフーンよりは遅いのでエルフーンで抑える事は出来る。
あくまで変化ワザに関しては、だが。
攻撃 115
防御 70
特攻 125
特防 80
素早 111

ボルトロス 電気/飛行
特性 いたずらごころ
HP 79 通称コピペロス三兄弟の一匹。電磁波使う方。
トルネロスと比べるとやや攻撃寄りの印象を受ける。
タイプもあってか、トルネロス以上に厄介な攻撃が多い。
悪巧みも覚えるんですってね。へぇー!!
攻撃 115
防御 70
特攻 125
特防 80
素早 111

ランドロス 電気/飛行
特性 すなのちから
HP 89 通称コピペロス三兄弟の一匹。悪戯心がなくなったが、ついに岩弱点を克服。
氷四倍は本来、カイリューやボーマンダ、ガブリアス対策に入れているのが一般的だが
イッシュに限定してしまうとそれらがいない為、やりたい放題である。
トルネロスとボルトロスを鎮めた、という意味合いからか
逆鱗やら大爆発やらやたら高威力なワザを覚える。
タイプ不一致でもこれらのワザをA125で撃たれるのは苦しい。
相性がいいのはブルンゲル辺り。水を当てながらゆっくり沈んでもらいたいところ
攻撃 125
防御 90
特攻 115
特防 80
素早 101


…ちなみに、イッシュ以外でダブルで相手していて辛いポケ達


・ガブリアス+バンギラス
 出てきた時点で砂嵐&ガブリアスへの命中8割。
 弱点がどうとかそういう前に運が悪いとこれだけで全滅であります\(^o^)/

・ゴウカザル
 猫騙し→オーバーヒート→入れ替え→猫d( やめてくださいしんでしまいます(^p^)

・ドーブル
 ダークライのダークホールは相手の二匹に睡眠8割という鬼畜性能な技。
 伝説ポケモンの技だもんね。そりゃ強いさ。
 でもドーブルは伝説じゃないからね。ワザは覚えられるし、対戦にも出せるね、うん。
 さて、これを覚えさせてスカーフを持たせたらどうなるかは…分かるよね!!/^o^\

以上雑感!増えるかも?消えるかも?