2014/12/31/大晦日
□年末のご挨拶

ハッピーハロウィン!!トリックオアトリートォオオ!!
これ去年も言ってた気がする。

さて、今年もいよいよオシマイとなりました。

今年は良い意味での変化のあった年でした。
リアルな話をすると仕事が増えました。収入も増えました。服は増えてません。
そのおかげで、趣味に費やす部分も多くなり、年中話題に困りませんでした。
家族に大病がなかったのも何より。ってか近年が多すぎたんや。
いきなりケツにカメラをぶち込まれたりはしたけどな!
地味にダイエットに成功した年でもあります。1年で7キロ減りました。

ネットラジオも無事今年分終わりました。
ハッキリ言って、もうネトラジってジャンル自体死にかけだと感じてます。
しかし不思議なもので、死にかけな程どこまで続くかやってみたい気もします。
ここだけの話、ちょっとくらい話し方を改善するべく色々しゃべりの上手い人を参考にしてます。
参考にしてます(大事な事なので二回言ったが上手くなったとは言ってない)

代わりに、モノ創りの方面ではほとんど活動がない年でした。これは嫁もか。
私自身、創作という概念からは離れて結構経ってしまってます。
一方で、ネットラジオも創作じゃね? という観点でいけばまだやってるのかも。
ふーこと!を始め、一応何かを発信はし続けたい感覚が今でもあるようです。
ちっとは形になるモノが仕上がった方が充実感はありそうです。
来年くらいは大学に顔を出してもいいかなぁ。恩師に感謝したい事があるのよね。
こう言いながら、行かなそうだ。行ったらまた迷惑かな、なんて思うんです。

一方で、結構な量の本を読みました。
特に、嫁からの「ふーらいって虚無主義だよね」との言葉からニーチェ関連の本を重点的に。
虚無主義、ニヒリズムという概念は非常に面白いものです。
インプットはかなり行えているので、あとはアウトプットするだけって所でしょうか。

30という年齢の大台に乗っかりましたが、聞いていた通り何も凹みませんでした。
恐らく、35が笑えてきて、40は何も感じないのでしょう。その年まで生きてりゃだけど(フラグ
30になってもポケモンだのガンダムだの言いながら生きてればいいと思っています。
中身は永遠に小学生のままでしょうね。まだうんこちんこで笑えてしまうので。

珍しく長々と書いてみた。不思議と、ゲームだの趣味を消化している方が色々書ける。
それでは、皆様にとっても私にとっても、来年が良い年になるよう祈りながらスマブラしつつ。


See you next year!!


2014/12/25/くりすます


メリークリスマス!


■更新報告
過去ログに2014年8〜10月分を追加しました。


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か、四季のTwitterへ、よろしくお願いします。


2014/12/23/さいじつっておいしいの
□ガンダムブレイカー2
買っちゃったぜ。今年最後になって買い物しすぎだろう。
そして何で消費ばっかしてるのに更新は頻度が上がるのだろう。

感想言う程進んでないが、1よりかなり爽快なゲームになってる。
パーツのレベルさえ上がればどんなパーツでもある程度なんとかなるとは聞いてるが
そのレベルアップに必要な素材がまだポンポン集まるところまで来ていない。
それにしても、チュートリアルで味方にウイング、敵がトールギスって何このW祭り。

ビルドファイターズコラボ機が必要レベルの割に強い。
特に序盤から装備可能なパワードジムカーディガンは速度は遅いがめっちゃ強い。
パーツが増えたらバックパック以外は変更してOK。足回りが防衛系クエで気になっちゃう。
バックパックのキャノン砲だけはランク30でも現役クラス。
狙撃機や砲台を叩くも良し、近接コンボの〆に見舞うも良し。
今回は格闘や斧縛りにしたからってパーツ外しが収集に重要でもない(っぽい)ので
自分の好きな武器を振り回していけばいいと思う。

射撃武器はかなりクセが強くなった。特にロングライフルは俗にいうゲロビになった。
ロング、バズーカ、ガトリングはロックオン出来ず自力で当てないといけないので混戦では使い辛い。

なお、マルチプレイ対応なのにやっぱこういうゲームで部屋立てたり入るのには抵抗あり。
ああ、せっかく発売間もなく買ったのにソロプレイか。嫌いじゃない。

□一方、スマブラについて
大乱闘楽しぃいいいいいいいいいい(シンプルとオールスターに触れていない時に限る)
害悪戦法とか猿ブラとか言われても、大乱闘は普通に楽しい。
しかし、人がどれだけ変わってもゲッコウガに執拗に狙われるのは何でだろう。
やはりプリンが可愛すぎるせいだな。じゃあリンクの時はやめて欲しい。


2014/12/21/年末最後の単体休み
□オールスター
8人でクリアが難しい。何がって自分の使える子6人くらい+クリアゲッターの都合ダックハントで7人。
誰でいってもピカチュウがウザい。本当にウザい。
まだ幼少のあの頃、プリンに投票したのに人気投票を攫われた時くらいウザい。
ネズミはドブネズミことミッキーマウスでアイドル枠埋まってるだろ。

□気付いた事
嫁が気付いた事で、今更な人が多いかもしれないが。
クレイジーサイドで「〜戦」の右側に小さくハンマーのアイコンがある場合はアイテムあり。
何も書かれていない場合はアイテムなしになる。
ハンマー持ち込みで行く場合、ハッキリ言ってアイテムは邪魔なのでない方が良い。

□今更ながら
ここで書いた事+αまとめてWiiU微攻略ページ作った。ほとんどメモと愚痴用にも見える。


2014/12/15/げつようび
□アイギスにて
今回の更新はかなり画像多めです。

まだ覚醒もない頃、なんとなく貯まった水晶でレア交換したら出た、ブラックイリスちゃん。
(レア召喚で明記されている確率は1%)
それも長く育てまして


ついにここまで来ました。
覚醒させる為のユニットがことごとく銀。




はい、オーブが3つもいります。
まだ白き射手が覚醒クエの中で簡単な部類なのが救い。




どーん!!!

しかし、今日はここからですよ。
先日、大討伐イベントで配布された妖精ハッピー。
その経験値150000。経験値最高ユニットが1000という値に対する圧倒的破壊力。
いつどんな娘を鬼育成するか分からないから、置いてある王子も多いかと思う。




オラ、なんだかワクワクしてきたぞ!!!




この程度はまだ序の口。




まだまだ。



すでに未知の領域。もうちょっとだけ続くんじゃ。



あいよー!覚醒Lv99いっちょあがりー!!
ヒーラーで攻撃力648……いやむしろHP2184の方がヤバいか……?




恐らく二度と見る事のないステアップ画面(ブラックユニットを育て上げて覚醒する点と、ハッピーの入手難易度の点から)。

□あとスマブラ
きっついの攻略したのでそれもまたつらつらと。

・イベント戦:機械との戦い
難易度やさしいにして、戦闘開始と同時にモナドアーツを斬にして攻めまくる。
面白いようにロックマンとロボットのHPがなくなっていく。
穴子さんが来る前に二人を倒したら、モナドアーツを翔にして一気に距離を詰める。
後は上スマ辺りを連発していれば達成出来る。
モナドアーツは同じ種類を連続起動出来ない上、翔と斬以外は与ダメが下がるのでここではご法度。

・フィギュアラッシュでドクターマリオを選んで8回FEVER
爆発物、電撃には当たらない事が大前提になる。カスタムで防御を捨て攻撃と速度特化にする。
FEVER中はチェーンを切らない頻度の最低限の攻撃のみとし、FEVER終了直後に一気に破壊する。
☆箱もFEVER中やゲージが満タンに近い際には破壊せず、ゲージを上げるのに少しでも貢献させる。
カスタムでビームソードを持ち込むと攻撃範囲がカバーされ、剣士慣れしている人でも達成しやすい。

・ライバル組み手でどうのこうの(特にライバルを4回以上撃墜する)
カービィで浮いてはストーン繰り返し。
ライバルのNPCは誰でも普通に戦うとかなり強いが、何故かストーンに対し回避行動が超甘い。
ストーン中は投げ以外の攻撃に対しほぼ無敵なので、スマートボムの中に入っても変身とかなきゃ安泰。


2014/12/13/スマブラ
□最新作の略称はforらしい
ラジオありがとう&お疲れ様でした!
っちゅーわけでスマブラガッツリプレイ中。乱闘自体はXよりかなりバランスが良くなった。
せっかくなので軽く感想タイム。まずは良い点色々。

・全体的な性能の見直し
切り札が単体タイプは即死級、複数巻き込むタイプはダメージ中心に変更。
どこぞのソニックのような鬼性能のものはなくなった。
この結果、切り札前提の性能調整がほとんど感じられず、多くのキャラで均等に戦えるようになった。
ガチ対戦(ステージギミックなし、アイテムなし)での性能差もかなり小さくなった(ないとは言ってない)し
通常の乱闘ではどんなキャラでも勝ち筋が残せる作りとなっている。
そもそもガチ対戦自体が乱闘ルールではないので気にならない。

・崖つかまりの仕様変更
以前は誰かがつかまっていると他キャラはつかまれず、ただ落ちるだけだったが
今作では後から来たキャラが最初のキャラを押しのけてつかまるよう仕様が変更された。
復帰が容易となり、俗にいうハメも行い辛くなり、より乱闘出来るように。

・豊富なBGMと最高の画質
(私のプレイ環境で)400曲を超えるBGMが収録。元祖やDX、Xからの曲も一部収録。
画質も文句なく最新のスマブラ。この点は3DSにはない魅力。

逆にやや微妙なとこ。

・イベント戦のごほうび
色々手に入る都合とクリアゲッターの都合で、結局のところ全てご褒美を網羅する事になるのだが
一部の難易度はかなり鬼畜で、以前のイベント戦の比ではない理不尽ゲーが目白押し。

・一部キャラの削除
後日参戦が約束されているミュウツーはともかく、スネーク、ウルフ、アイクラ、リュカ、ポケトレが削除。
元々版権が別であるスネーク、リザードンメガ進化の都合も含まれたポケトレは分かるとしても
他キャラは出ても良かったのでは。特にDXからいたアイクラ、Xで専用ゼリフ多数のウルフは残念。
ただまぁDX→X時でもリストラ組がいたので、ある程度は仕方ないのかもしれない。
また、一応ウルフ以外の各キャラそれぞれ噂レベルではあるが事情があったようだ。

スネーク→メタギア側から「次回は参戦しないんじゃないか」的発言がすでにあった
アイクラ→3DS版の方ではメモリ不足で動かず&今作は3DSとWiiUで参戦数は変えないという方針
リュカ→MOTHER3が海外で発売されていない
ポケトレ→変身システムの廃止とリザードンの参戦

あとは人によって評価の分かれるとこ。

・ワールドスマッシュ
スマブラをボードゲームにしたもの。ランダム性が非常に強く、ファイターも自由に選べない。
強化アイテムで最終戦に望む、という形はカービィのエアライドのシティトライアルに近い。
(アイコンもそれを思い出させるような作りになっている)
このタイプは一人でやるとクソゲー化するのはお約束だが、二人以上ならそれなりに楽しめる。
後述するカスタマイズに使う装備品がやたら手に入るのが特徴。

どうも、開発側としては「総合力が最も問われるゲーム」として設計したようなのだが
スマブラ自体キャラゲー色が強く、多くのプレイヤーの「好きなキャラを動かす」という欲求とマッチしていない。
最終戦もあまり強化しすぎるとキャラ性能が日常のそれとかけ離れてしまい
一番の目的である大乱闘での操作では全く役に立ってくれないのもマイナス要素か。
ただ、総合力を問うという名目で言えば確かに間違っていないルールではあるので
大乱闘をやりまくった人が行き着くゲームの形の1つなのかもしれない。
yahooでワールドスマッシュを検索しようとすると、候補最上段に「つまらない」と来るのは内緒。

・キャラカスタマイズ
ふっ飛ばし力や重さ、スピードを装備アイテムにより変更出来る。
また、必殺技もいつもの4種類以外に新たに8種類の技を選択出来るようになった。
シンプルモードやイベント戦に持ち込める為、理不尽難易度も多少なりとも緩和出来る。
特に重量級の力と重さを上げるとNPC戦の難易度はかなり下がる。
最初は装備が少なくほとんど選べないが、ワールドスマッシュを遊ぶと大量に獲得出来る。

ただしこれ、オンライン対戦で使用不可。能力カスタムはある程度仕方ないかなと思えるが
それぞれ必殺も個性があって悪くないのに使えないのはちょっと残念。
エンジョイ乱闘の中にカスタムOKルールがあれば良かったのでは。

・amiibo(アミーボ)
ホンモノのフィギュアだが、WiiUゲームパッドや新3DSで読み込むとフィギュアがゲーム内キャラに。
FPとして大乱闘に参戦する。最初は弱いが、戦うごとにレベルが上がって強くなる。
また、対戦相手の動きをトレースする。つまり、最高の練習相手になりうる。
もちろんトレースといっても完璧ではないが、代わりにレベルが上がると攻撃力も上がるので
強くなったFPは時にプレイヤーをも叩きのめす。
さらに、乱闘後はランダムではあるがいくつかアイテムも持って帰ってくる。
1280円のフィギュアにしては出来も悪くない。特にカービィやフォックスといった人外の出来はGood。
ゲームも楽しめる観賞用、と思えば値段も納得の範囲内。

ただし、お世辞にも人型が綺麗とは言い難く、特にリンクやマルスには粗さが目立つ。
どうもリアル等身タイプが苦手な様子。
また、都心では人気キャラだけごっそりなくなって手に入れるのが困難だとか。
三重県では全キャラ余裕で売ってました。

……とりあえずこれくらい書ける程度には楽しんどります。
ついでに、苦戦したけど何とかなったイベント戦+αのお話で〆。
イベント戦はごほうび前提です。

・兄さんがいなくたって!
難易度やさしいでもキツい。なるだけダメージを稼ぐ為序盤のダッシュ攻撃は封印。
空中攻撃とスマッシュを絡めつつ、最大溜め横B(暴発だとラッキー)か上Bジャストミートで。
地上に降りた辺りでアイテムがランダムで出るので、いいのを引くまで繰り返す手もある。

・よいこはねんねしな
クッパJrは余裕。残り二人は攻撃一切せず逃げるので、重なるように接近した後に歌う。
空中で歌っても眠らないが、先に歌っておいて逃げた相手を地上で眠らせるようなイメージ。

・さらわれ姫とは言わせない
遠隔攻撃が鬱陶しいJrの方へ集中砲火。
クッパはなるだけ無視。画面が切り替わった後のフィールドギミックに連れ去って貰う。

・腹ペコカービィ
まず画面右下、続いて下、左方面に宝箱が出現するのでそのコースを巡る。
その後は宝箱を追いつつ、ランダムに出る食べ物を拾い食いしてコンテナを破壊する。
画面がかなり見づらい上に時間制限があるので、定期的に一時停止してアイテムの位置を確認する。
コンテナは稀に爆発するので、ハンマーよりは投げるかストーンで。
デデデをコピーして吸い込むと食べ物の回復力が上がる。中盤敵が増えるまでなら結構使える。

・メタボリックシンドローム
開始直後に左に緊急回避を3回行い停止。突っ込んでくるワリオを背景で確認したら掴んで投げる。
運が良ければ二匹同時KO可。とにかくギリギリのところで投げor回避後横スマを当てるだけの運ゲー。
終わる時はアッサリ終わる。

・波導の極意
敵の位置は着地エフェクトとシールドで確認。弱攻撃連射かアイテムでダメージを積んだら横か下スマ。
シークの炸裂丸はもちろん、WiiFitのヘディングはカス当たりでも死ぬ。シールドでいいので絶対に避ける。
アイテムだけではどんなにぶつけてもなかなか倒せず、時間制限に引っかかる。50%積んだらスマッシュ。

・ホントの最終決戦
KIAI。ロックマンはメテオを積極的に狙ってくるので、あえて場外真下でメテオを回避し自滅を誘う。
同様にソニックも稀にホーミングに失敗する。パックマンとマリオは本当に気合。
COMレベル9扱いのせいか攻撃が激しいが、反面読みやすいのでカウンター持ちだと結構楽。

・情け無用組手で敵を○体倒す
組手の敵MiiはB技と崖捕まりが出来ない点を利用する。
ステージ端で緊急回避を繰り返し、突出してきた敵を後ろ投げ。以降繰り返し。
自分が飛ばされた場合はなるべく真下から崖つかまりし、攻撃しながら復帰すれば仕切りなおしやすい。
クリアゲッターの都合と後ろ投げの隙のなさからルキナが適任。運が良ければ10人くらいは何とかなる。
カウンターで攻める方法もあるが、投げた方が安定するし何より簡単。

・情け無用をルイージで1分生き残る
場外へジャンプ→崖つかまり→無敵時間切れる前に攻撃ボタン復帰を繰り返す。

・ワールドスマッシュでメトロイドからアイテムを奪い返す
ゴールデンハンマー使え。
記述の通り「本人が奪い返す」必要があるのだが……

1)メトロイド自体がまずほとんど遭遇しない。
  他イベントと比べて出現確率が低めに設定されている気が割とマジでする。
2)出たとしてもどこに出るか分からず、こちらが移動すると対象もランダムで移動する。
  こいつにまず自分でぶつかり、性能を下げられなければならない。
3)奪われた後は再びランダムテレポートされ、先と同様ランダム移動を繰り返す。
  当然、自分でぶつからなければならない。
4)もちろんNPCも含め移動するし、フィギュアも利用するので全く思い通りにいかない。
  ワンワンや設置罠で吹っ飛ぶ、ギャラガのランダム化、
  どう捻っても邪魔なNPCとぶつからざるをえず、ふっ飛ばしたらNPCがメトロイドの正面etc

ハッキリ言って無理ゲー。
どうせゴールデンハンマーは後半の鬼畜マスを開けられないので、使いドコロだと思う。


2014/12/3/もうちょいでスマブラ
□TOX2、BGMの感想変更
というのも、単品で聴くと凄く良いのである。
作中で印象に残ったのはラストバトルくらいで、ほとんど記憶に残っていないのが不思議なのだが。
例えば、正史ミラ登場時のリドウ戦。



前半がイベントシーンの為、リドウと実際に戦闘するのは1:30〜
驚く程カッコいい。だとすると何故にこうも記憶に残ってないのか。

他にも。ヴィクトル戦。



こちらが記憶に今ひとつ残っていないのは、それどころではなかった程強敵だったからかもしれない。
仕方ないのだが、今作はよほどレベリングしていない限りノーマルでもボス戦がキツい。

ラストだけ記憶に残っているのはメインテーマアレンジによる感動最高潮だから。
難易度イージーだと楽勝の為ほとんどイベント用ではあるのだが。

どうも、聞き逃しているというか、注意点がBGMにいっていない気がする。
他音量下げてBGM大きめの設定にした方が楽しめるのかもしれない。
ただし証の歌だけはやっぱり微妙だと思う。

□EX触れ始めて思う事
敵が1体の場合は前回書いた通り超鋼体&超ダメージなので捻りようがない。
ただし、敵が複数の場合は驚く程チャームが有効。
ルドガーにプロメテウス・光(クリア後はアトラス)を付けて隙を見て舞斑雪使えば楽になる。
まだ試してないが、EX闘技場もこれで相当難易度が下がる。動画見たから分かる。
チャームがかかると一方的な同士討ちが行われ、リンクすら切断出来る。
逆を言えば味方にかかると致命的なので、光が得意なギガントモンスターは非常に強い。
チャーム耐性装備はあるが5割が限界で、完全防御を複数手に入れる機会はクリア後。
レイアにリキュールを定期的に投げてもらうか、エリーゼにティポONディスペルを使って貰うか。


2014/12/1/げつようび
□TOX2踏破
トゥルーエンド終わり。もう発売からそこそこ経過しているので壮大なネタバレ。
まずは良い点から。

・TOX無印よりは圧倒的良作ストーリー&キャラ
無印と違いストーリーは先が気になるし、キャラクターが良い意味で成長しており見るに耐える作品になった。
特にミラ教に染まりすぎたジュード、裏切りの代名詞アルヴィンの言動は注目してしまうところがある。
エレンピオスのエネルギー問題、両国の外交問題等、現代を描くような世界観にも入り込みやすい。
新キャラも、主人公ルドガーはもちろん、守る対象となるエルも実際ロリコン歓喜守りたくなる。
ビズリーの思惑やリドウの行動を想像するのも面白い。ただしユリウスとクロノスてめーらはダメだ。
なお、トゥルーエンドでルドガーが消える際に泣いてくれたのはレイアだけ。やはり今作も唯一無二のヒロイン。

シナリオは散々語られているが、テイルズにはあるまじき厳しい描写も多くかなり異色。
選択肢による二種類のエンドは、どちらを選んでもどちらかしか救う事が出来ない。
まさに選択を全面に押し出した作品としては、成功と言えるのではないか。

・不幸第一位主人公ルドガー
テイルズ史上初、一切喋らないキャラ。この点の問題は後述する。
出生や運命に不幸を背負うキャラは山ほどいるが、これ程に不幸な主人公はそうはいない。
軽く例を挙げると……

1)第一志望の会社の試験を何度受けても落ちる
  しかも実はこれが仕組まれていたものだと判明するのは中盤以降。
  それまで自分の実力不足だと思い悩んでいたルドガーカワイソス(´・ω・`)
2)何とか受かった駅の食堂への出勤初日、知らない幼女に究極黒魔法を使われる痴漢扱いされる。
  エルが駅に潜入すべく騒ぎを起こすのだが、その際の方法がこれ。
  周辺から「痴漢?」「あんな子供に……」と社会的に抹殺される。キイタ?( ゚д゚)オクサン(゚д゚ )アラヤダワァ
3)気付いたら2000万ガルドという借金を背負う
  事件に巻き込まれて気絶し、目が覚めた時に「治療したから2000万ガルド払え」とふっかけられる。
  エルを人質に取られ仕方なく承諾し、彼の借金地獄が始まる。
  なお、これも周辺から「あの若さで」「人生終わった」等と言われ放題。キイタ?( ゚д゚)マタアノヒト(゚д゚ )ヤダワァ

彼の不幸の最大のポイントはリアリティに溢れすぎている事だ。
想像して欲しい。就職試験に落ち、黒魔法を使われた挙句、返す見通しのない多額の借金を背負わされる……
世界を救うよりもずーっと辛い。
しかも無駄に優しい彼なので手に負えないが、故に見てて飽きない。ルドガーに幸あれ。

・借金システム
2000万ガルドを返す事になる。一定の金額を持っていると延々と催促される借金ゲーと化す。
批判的な意見が多いが、私としては逆にウザさを全面に押し出す掛け合いは悪くなかったと思う。
テイルズという出せば売れるタイトルにしては冒険しすぎてる、うん。
どうしても大金が持てない為、一定以上稼がないようお店でやり繰りする不思議なRPGを楽しめた。

・戦闘システムの改善
特に「術師でリンクしてると相方が棒立ち」という致命的な状況は改善された。
術技のバランスも見直されており、前作よりは楽しめる作りとなった。
前作はローエンがタイダルウェイブって言ってたらEX片付いたからな!
ルドガーのウェポンシフトも良く、状況やコンボに合わせて双剣、双銃、ハンマーを切り替え可能。
結果、今までのテイルズにはない新しいコンボゲーも可能となった。

・動きまくるポリゴン
アニメに置き換わるところはさておき、今作ではキャラがシナリオで戦闘する際にここぞとばかりに動く。
特にミラ復活の際のリドウ戦や、バッドエンドの際の動きは本当に素晴らしい。
ここまで出来るのか! と感動出来る。もう結構経ったソフトなんだが、最近のはもっと凄いのかしらん。

さて、続いて微妙なとこ。

・シナリオ消化不良&一部キャラの心理描写不足
トゥルーエンドでも問題が解消していない。
元はと言えば「人の魂が汚染されて瘴気を発しており、その浄化に限界が来ている」という話だったのだが
分史世界(平行世界のようなもの)の消滅を完了したところで、穢れが浄化出来ているわけではない。
オリジンの試験をクリアした結果何故かオリジンは満足。クロノスの過剰な妨害はただのオリジン愛というお粗末さ。
オリジンは限界って言ってましたよね? 瘴気で身体焼かれてるんですよね??
結局、オリジンの現状は変わらないままなんですが……
ユリウスについても、ルドガーをかなり子供として見ていたようで、結果的にルドガーを煽っただけだった。
きちんと事情を説明して話せば、もっと分かり合えただろう。そこが、彼の不器用さなのかもしれないが。

・相変わらずの残念BGM
桜庭氏が関わったとは思えない程の耳に残らないBGM達。ここは無印と変わらず酷い出来。
キーワードである”証の歌”ですら微妙な出来具合なのはもうちょい何とかならなかったのか。

訂正した。詳しくは別更新で。

・無言主人公ルドガー
一切喋らない、と言いながらも掛け声や技名は普通に叫ぶので違和感がある。
掛け声以外セリフがないと言えばゼル伝のリンク等が該当するが、彼は技名を叫んだりはしない。
しかも、何故か最終話ではきっちりエルの名前を叫ぶ。喋るのか喋らないかハッキリしろ。
テイルズはキャラ同士の掛け合いも楽しみの1つなのでここはマイナスと捉えた。
エルがいてくれる間は代わりに掛け合いに参加してくれるが、いなくなると途端に寂しくなる。

・まだまだ大味な戦闘
改善はされたが、肝心のボス戦が「すげー鋼体(スーパーアーマー)と高火力でゴリ押し」という戦法ばかり。
これに対抗し、ルドガーの外殻能力(一定時間スーパーアーマー、被ダメ0、敵の秘奥義不可)やら
他キャラでも一定条件下でスーパーアーマー化し放題でバランスを取っている。
ここまで来ると、もはや軽いアクションの混じったコマンドバトルと変わらないダメージの応酬になり
「装備の質とレベルを上げて外殻で殴ればいい」というどこぞのクソゲーを思い出すような状態になる。
主人公補正で仕方ないとはいえ、外殻能力とウェポンシフトの都合、間違いなく最強はルドガーな上に
今作はシナリオでメンバーの出入りが激しく、ルドガーしか選択肢がないという状況になっているのも×。

□まとめ
クソゲーという程ではないが、ナンバリングタイトルなので仕方がないとはいえ、前作がないと入りづらく
その前作が今世紀テイルズで最低の出来と言える駄作なので、評価もそっちに寄らざるをえない。
シナリオの辻褄だけはきちんと合わせて、プレイヤーにそれを伝えてくれればもっと評価が変わった。
何というか、色々と惜しい。
ルドガー、エルの愛くるしさとか、ジュードのシェルを無くした責任とか、アルヴィンが本気で人と向き合うとか
キャラのとことんダメだったところを改めて描写し、かなりカバーしているだけに。惜しい。



蛇足になるが、今作ラストダンジョン「カナンの地」についてはかなりイライラさせられた。
シンボルエンカウントのゲームで長くて細い迷路をデカブツ(当然中ボスなどではなくザコ)が
堂々と遮っているのは流石にいかんだろ。しかも倒せど倒せど無限に沸く。
シンボルエンカウントの意味を考えて欲しかった。

□ところで
虹色ポロック作る。


2014/11/30/働かない
□今週ゲーム事まとめ

1)ORASデルタ完了までクリア、バトルハウス未挑戦
2)TOX2Chapter16突入寸前
3)アイギス、アンナの大冒険コンプ、大討伐イベ7238/10000
4)艦これイベント踏破(先週済。ドロップ限定艦卯月以外OK)
5)マリオカート8、バイクでスターカップ100ccまで

なんか先週頭辺りからやたらとゲーム充してるので記録ついで。


2014/11/26/働きたくない
□エピソードデルタ感想
殿堂入り後のORASオリジナルストーリーであるエピソードデルタを踏破。
なのでせっかくだし色々書こう。

※エピソードデルタはORASで初めてのシナリオであり、以下壮絶なネタバレを含みます。
  さすがに発売して一週間も経っていないモノなので回覧注意。




















……OK? では早速。

・とりあえず三行で
1)殿堂入り後。10kmもの巨大隕石が引き寄せられるかのように接近。このままだと衝突する
2)カロス地方で使われた3000年前の究極兵器を応用。隕石を別の場所へ転移させ回避しようとする
3)そこへ今作オリジナルキャラ、ヒガナが登場。同時に、キーストーンが次々と奪われる事件が起き……

・まずデルタのウリ文句であった「メガシンカの謎」について
これはハッキリと解明された。
人間の強い想いや願いをキーストーンを通し、ポケモンのエネルギーをメガストーンを通し、互いをリンクさせる事で
ポケモンはメガシンカを果たす。レックウザはメガストーンを必要としなかったが
「まるでメガストーンのような」隕石を食らってメガシンカした為、結局は同じ事のようだ。
これにより、XY時代の謎(まとめて絆じゃね?くらいの扱いだった)は解けた。

・面白かった?
ハッキリ言って判断に困る。という事はクソって意味ね。
まずヒガナの情報が少ない。彼女の言動から、似て非なるもう1つのホウエン地方が存在し
それはパラレルワールドとか、平行世界と呼ばれる世界観なのでは? という想像は膨らむのだが
彼女がまともに話をしてくれない。ソライシ博士のワープ装置を破壊するシーンは謎だらけである。
平行世界というのであれば、少なからず主人公達のいるホウエンの危機をどうしようが関係ないのでは?
仮にワープした先がヒガナのいる世界の可能性があるのなら理解出来るが、だったらそう説明すべきだ。

・「想像力が足りないよ」
彼女は決まり文句のようにこう言う。しかも2回。大事な事なので(
が、彼女の「隕石をメガレックウザで破壊する」という方法は、レックウザの降臨までは上手くいったものの
レックウザのエネルギーが足りず、メガシンカ出来ないという事態に陥る。
主人公が持っていた石により力を取り戻して成功するものの、当然ヒガナの功績ではない。
あくまでメガシンカ出来たのも、主人公のメガバングルを通してであった。

結果的に隕石は破壊出来たが、主人公がいなかったらどうするつもりだったのだろう。
第一、ワープより良い方法があるのならそれを提案した上で協力を請えば良かった話ではないだろうか。
レックウザのメガシンカは、昔の人々の祈りが届いて行われたという壁画の解説を聞くからに
「レックウザで破壊するから、レックウザを信じて欲しい」とでも言うべきではないのか。
1000年毎に隕石が来ると分かっているのなら、もっと前から準備して余裕を持って降臨させれば良かったし
前もって説明していれば、世界観的に皆が昔の壁画同様にレックウザを信じた可能性は極めて高い。
(でなければマグマ団やアクア団がゲンシカイキを追い、グラードン、カイオーガを頼るハズがない)
仮に失敗したら最悪ワープさせてセーフにするところまで考えれば、装置を破壊する理由すらない。
彼女は自らキーストーンを奪い人からの信頼を失わせ、孤立した挙句に自滅している。
主人公は是非彼女に「想像力が足りないよ」とドヤ顔で言ってあげて欲しい。
あと、何故かやたらとダイゴを元チャンプと弄るが、ダイゴよりよっぽど彼女の方が問題児である。
ダイゴに何の問題もないとは言ってない。

と、正直酷い出来である。
感想はこの辺にして、デルタを通して出てきた「パラレル」の部分に触れてみる。

・ヒガナはパラレルワールドから来た?
ヒガナの話を聞いていると、彼女の住む世界は同じホウエンで、しかし科学力を始めとする色んな設定が違う世界のようだ。
「もし同じように隕石が迫っていて、こんな科学力がなかったら?」等と語るシーンや
公式の「この世界にとっての希望はある人達にとっての絶望」等のセリフから推測出来る。
そして、私達は同じホウエンで、それでいて色んな設定が今のORAS世界と違う世界を知っている。

・原作とリメイクのズレ
そう、原作ルビー&サファイアである。
その頃のルビサファはポケモンが三世代までしかいない。当然である。
メガシンカ、ゲンシカイキなんて存在していない。
そもそも四世代以降であるシンオウ地方、イッシュ地方、カロス地方との接点などあるハズがない。
ところが、今作ORASでは四世代以降の地方の名前も作中にたくさん出てくる。
デルタの発端となった兵器の設定もカロスのものであり、XYを知らない人には全くわからない内容だ。
先日「時系列が不明瞭」と書いたが、それはリメイクと考えた時に時間軸が合わない点が多いからだった。
例えば登場人物。それその物は同じでも、年齢が違う。しかし、原作と明らかに変化のない人々がいる。
主人公、ライバルにミツル、ダイゴ等が該当するが、彼らにはどう考えても10年の月日が経過していない。

・原作を「パラレル」化
リメイクにあたり、あくまで同じようにポケモンは三世代まで、メガシンカも何もないよ!なら問題なかったが
今作はメガシンカもするし、図鑑Noはカロスと同様700を超えてしまっている。
では、元のルビサファとは何だったのだろうか。何時の話扱いなのだろう。
明らかに原作とORASでは世界観が異なってしまっている。
しかし旅をする地方そのものは同じだし、人物相関にも大きな変更点がない。
この矛盾点を解消する為、原作の世界観をパラレルワールド扱いとし
現在のORAS世界を正しい歴史として話を繋げていく事にした
のではないかと推測する。
こうすると、ヒガナのセリフの多くは辻褄が合う上、矛盾はなくなる。
他、バトルハウス(元XY)があるのにフロンティアがない辺りもまとめて解消出来る。

これはスパロボやらエクシリア2やらを最近齧っているから余計に思うのだが
便利だなー平行世界。



・その上で分かんない事

        ___ モシャモシャ
        /     \
     /   ⌒  ⌒ \   何で1000年に一度隕石くんの?
   /    (●)  (●) \  そもそもヒガナどっから出てきたよ??
    |   、" ゙)(__人__)" .)|    ___________
   \      。` ⌒゚:j´ ,/ j゙~~| | |             |
__/          \  |__| | |             |
| | /   ,              \n||  | |             |
| | /   /         r.  ( こ) | |             |
| | | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_

隕石の軌道は「突然変わった」らしいので、デオキシスの意思にせよ何にせよ、ホウエンに引き寄せられている。
つまり、ワープ装置が結果的に意味を成さない(飛んだ先でまた軌道変更される)可能性はあったのだが
再三説いてしまう事になるがそれならそうだと言ってくれ。お前ら刑事ドラマの殺される役か何かか。

ついでに言えば1000年前、規模が小さかった隕石は退けたらしいが、デオキシスはいなかったのだろうか。
倒し損なっているのか、はたまた1000年毎に復活しているのかで今後の対応変わるよねぇ。


・最大のネタバレ
アクア団関連のせいでホモだと散々言われているアルファサファイアだが
バトルリゾートではちゃんとカガリちゃんにターゲットロックしてもらえる。
変態紳士共は心折れる事なくエピソードデルタまでクリアすべし。

□拍手返信
ヘンジン!!(久々

>まぁ他の人の言葉で見かけた「自分はリメイク前をやってないから、
>周りの盛り上がりにちょっとついていけない」ってことなのかもねぇ。

まさにその人と同感(´・ω・) これでBWやXYがクソって言われると頭に?が数千個浮かぶ事に。
それにしても今回はリメイクにしたって悪ノリが過ぎてる気はする。

あと、BGMについてだが


原作ファンに色々言われる事を承知で言うが、GBA音源自体が褒められたものではないようだ。
思い出補正があればいくらでも変わるだろうが、色々言われがちな3DS音源の方がかなりマシ。


2014/11/25/連休明け
□ORASとりあえず殿堂入り
殿堂入りで一回はクリア。
リメイクだし、とか理由はあるにせよBW、BW2、XYと比べるとかなり凡作感が否めない。

・シナリオの盛り上がりが少ない
予想通りな事がそのまま起こる。BW、XYと比べて先へ進もうというワクワク感に欠ける。
BWやXYもシナリオ関連は散々叩かれたが、私としては今作の方が出来は悪い。
とはいえ、あくまでリメイクなので「どんどんシナリオも進化したんだ」と考えれば辻褄は合う。
また自然の多いホウエン、という設定にしても、それ以外の地方で街に来た時の感動が少ない。
イッシュのヒウンやカロスのミアレのような、新しい街並みに対する感動が全くないのは残念。
私の田舎嫌いのせいかもしれない。
一応、ジムリーダー戦の一部はシビアだし、チャンピオンも強力なので戦闘面での歯ごたえはあった。
ポケモンバンクを利用しない場合、炎ポケが致命的に少ないので鋼が鬼門なのだが
チャンピオンがよりによって鋼使い。そして初手が地面無効格闘等倍のエアームドというおまけ付き。

・主人公の外見変更削除
痛い。かなり痛い。
しかも何故かコンテストでだけちゃんと着替えてしまう。それが出来るならせめて衣装だけでも……
さらにピカチュウの衣装は5種類もあって主人公のは1種類。どうしてこうなった。

・『黒い任天堂』の押し売り
突然の幽霊騒ぎやら観覧車イベントやら、ポケモンは何かと問題を呼ぶような内容が点在しているのだが
今作は少々多すぎる。特にシーキンセツ関連はあまりに多すぎ。
この手の薄ら寒いイベントというのは時折、今の空気を切り裂いてふっと現れるから怖く面白いのであり
あんまり見せすぎると、一つ一つのインパクトが薄くなる。おかげで大した思い出にならない。
ポケモンタワーや森の洋館のおどろおどろしさ、ミアレの「こわいいえ」などと比べてみれば分かる。
ミツルくんの闇堕ちはもはやただの悪ノリなのでいいや。

・街のBGM使い回し
街に1つずつあるBGMだが、今作はミシロやルネなど一部の街以外はいくつかの共通BGMで使いまわされている。
ポケセンBGMもちょっとアレンジがかかりすぎ(これはXYにも言えるのだが)。
原作でも使いまわされていたらしくこの点は原作再現らしい。原作がクソなのか?

・時間軸が不明瞭
リメイクでありながら、どうやら原作から10年が経過した世界設定になっている。
……ようなのだが、登場人物は10年経過している人と原作と全く変わらず同じ人が混在している。
ポケセンとフレンドリィショップはより発展していながら、原作通り建物は別々になっていたり。
一応、エピソードデルタで語られる部分もあるようなのでこの辺は後にツッコミなおすかも。


……良い所もある。
が、教え技の解禁、孵化作業の効率アップ(微々)、伝説ポケの多くが再入手出来る等
主に対戦面でのメリットばかりが大きいソフトになっている。
伝説使わない勢には実質的なメリットは教え技くらいしかないのも微妙さに拍車がかかる。

ツイッター上の反応などを見ても軒並み高評価なので、やや混乱気味でもある。
3世代のストーリーを知っている人ならバンクを利用して高速クリアし、対戦環境の再整備に徹底した方が良いだろう。


ポプパラ