2013/10/28/月

■更新報告
左メニューの創作ポプ一覧に「■個人創作」を追加しました。
その名の通り、四季が作成した個人創作作品が置いてあります。
現在は過去の作品しか置いていないが、今後新たに作品を追加していく予定だ。
ただし予定は未定。追加の予定を完全に約束出来ないことを許してほしい。

・・・、・・・、・・・まさか・・・再び文章を公開する日が来るとは思ってもいなかったな。
あの頃を取り戻そうとは思わない。
ただ、今を生きようと思った。それだけだ。


2013/10/27/陽


昨日のふーらいのネットラジオを聞いてくださった皆様、本当にありがとう。
これからもよろしくお願いします。


2013/10/18/金

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
ログイン出来なくなった。
昨日までログイン出来たのだがな・・・・・・。
レベルのカンストがフラグだったか・・・・・・っ!
恐らく例の「10/16 nProtect GameGuardの更新以降発生している現象について」に引っかかったと思われる。
とりあえず指定のメールアドレス先に必要なデータを添付して送信した。
後はただ待つばかり。









さて・・・どう時間を過ごそうかな。


2013/10/17/樹

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話

「任務完了。」

と同時に、とある人から「それってもうゲームクリアじゃね?」と言われた。


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/10/13/陽 (23時40分頃追記)

□遅れて届いたポケモンX
ラジオでも触れましたが、Amazonで予約購入したら届くのが販売日の翌日になるというkonozama…
が、今日届いたので早速プレイ!
最初の三匹は初めての炎ポケ、フォッコを選択(草のハリマロンが残念すぎたので)
以下、ネタバレしない程度に雑感。

□まずいつも通りの結論から。
神ゲー。
3Dへの不安とか諸々全部吹き飛んだ。


まず、ポケモンの細かい仕草が見える。
ポケパルレなる、要するにポケモンと触れ合うシステムによるものはもちろんだが
戦闘シーンでの登場、攻撃モーションややられ方まで全てがとにかく描き込まれている。
飛んでいる相手とそうでない相手に火の粉を使えば、飛んでいく高さすら変わる。
ポケモン図鑑は3Dである事はもちろん、如何なる角度からもポケモンを覗き込める。
図鑑とポケパルレだけでも時間が過ぎる。ヤバい。楽しい。

次に、主人公の動きも滑らかで細かく、さらにアバター要素がある。
椅子に座る、さらにその椅子から横を向いて人と話す。子供や小さいポケモン相手にはしゃがみこんで話す徹底ぶり。
ローラースケートの動きも心地よい。広いMAPでの視点変更はやや苦手だが、慣れれば問題ないレベル。
アバター面では、少し話を進めると帽子や髪形、目の色などが変更出来る。最終的には服も変更出来るようだ。

他、以前では使い道が少なすぎたワザの改善なども見られるが、先述した二項が素敵すぎるので
ぶっちゃけこの後シナリオがクソったれでも評価に値するレベルになっている。
3Dと発表された時点での不安要素が大きかった反動かもしれないが、Lv21の時点で楽しすぎ。

対戦等はまだまだこれからなので分からないけど、面白いモンは面白いと書いとこうと思って!


PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
「スーパートリートメントについて続報だ。」
「スーパートリートメントって何だっけ?」
「『状態異常を回復した際、自分と対象者のHPを回復させ、一定時間PP回復量も上昇させる』テクターのクラススキルだ。」
「あぁ、超便利そうなのに状態異常を治した時じゃないと使えないあれかー。」
「それの効果について、自分で使って判明した事実がある。」
「なになにー?」
「スーパートリートメントの効果が発動した際、HP回復は勿論、PP回復量の上昇も術者のテクターに適応される。
「へー。へー?」
「例えば、君がショックと言う状態異常になってしまったとする。」
「ぎゃー!しーびーれーるー!」
「それをスーパートリートメント5レベルを習得している私がアンティでそのショックを治療する。」
「ふー、すっきり☆」
「すると、君と私のHPが25%回復し、かつ両者のPP回復量が30秒間PPコンバート6レベル相当になる。
「おぉ!?」
「私はてっきりPP回復量の上昇は状態異常になっていた対象者にだけ適応されると思っていてね。しかし、スーパートリートメントを習得した私が他者の状態異常を回復した際、自分のPP回復量が上昇したことを実際に確認した。
「スーパートリートメントは超☆回復なんだね!」
「条件が限られているとは言え、優秀だと私は思うよ。」
「さあみんなもレッツ☆スーパートリートメント!」
「習得は個人の自由だ。」

尤も、スーパートリートメントの解説は『状態異常を回復した際、自分と対象者のHPを回復させ、一定時間PP回復量上昇させる』とあるので、新しい発見ではないかもしれない。
私だけの勘違いかもしれないが、折角なので書いてみた。


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


■追記
拍手を見逃していた。返事が遅れてすまない。


■拍手返信
確実に成功させたいなら、ラグネソール+テクV+何でも を2つつくり、あとはラグネソール3スロ+後は何でも をして、スタブやスピブを追加して+20%能力追加選べば、ラグネもテクVも100%継承にできるぞーと一応言ってみる(
わざわざ提案してくれてありがとう。
ふーらいにも同じ内容を提案されたが、3スロを作成すること自体が私にとっては大変で困難だった為、その選択を選ぶことが出来なかった。


2013/10/12/地

★☆ネットラジオやっるよー♪☆★
詳細はこちら

※この更新は四季がやっていますが、ネットラジオはふーらいが放送します。


PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
「テクターに追加された新クラススキルについて幾つか話せることがある。」
「追加されたスキルって、『スーパートリートメント』と『テリトリーPPセイブ』だっけ?」
「そうだな。まず、『スーパートリートメント』について。スキルツリーの位置はこの辺りだ。」

「位置、ひっど!」
「習得は悩ましい位置にあるが、効果は『状態異常を回復した際、自分と対象者のHPを回復させ、一定時間PP回復量も上昇させる』と支援回復が得意と謳うテクターらしいものとなっている。なお、最大レベルは5だ。」
「でもこれ、状態異常を治した時だけでしょー?」
「無論、その通り。しかし、スーパートリートメント5レベルのテクターが状態異常を回復した場合、自分と対象者のHPをモノメイトより少し低い程度回復し、かつ30秒間PPコンバート6レベル相当のPP回復量を得ることが出来る。参考までに、PPコンバートの効果は『30秒間PP回復量が上昇し、最大HPが割合減少する』テクターのスキルである。」
「PPコンバート6レベルってどれくらい回復するの?」
「それは言葉では説明しにくいな。チャージ速度が半減しているラ・フォイエやサ・フォイエを連発しても枯渇しない程度、と言ってもテクニックを使用していない人には伝わらないだろう。」
「とりあえず結構回復するってことだね☆」
「その程度の認識で良いだろう。」
「便利そうなのに状態異常を回復したときだけかー。」
「そうだな。最大HPを低下させずにPP回復量を得ることは非常に魅力的だが、PPコンバートのように任意で発動することは出来ない。また、状態異常になった方が強いファイターとは相性が最悪である。なかなか難しいよ。」
「ちぇー。」
「それでも習得していると便利だと個人的には思うよ。尤も、習得は個人の自由だ。自分にとって最適だと思えば習得すれば良い。」
「ふーん。」
「そうそう、スーパートリートメントはフレンドパートナーが使用しても有効なので、登録しておくと便利になるかもしれない。」
「へー!」
「さて、次に『テリトリーPPセイブ』だが、スキルツリーの位置はこの辺りだ。」

「まだマシだね。」
「そうだな。効果は『テリトリーバースト中、補助テクニックの消費PPを軽減する。テリトリーバースト習得時のみ有効』だ。こちらも最大レベルは5だ。」
「テリトリーバーストを習得してたら良いんだね!やったぁ☆」
「後半の解説がそのように感じさせるが、実際はテリトリーバーストの効果中にのみテリトリーPPセイブは有効だ。」
「紛らわしいな!」
「それは私も思うよ。」
「まあいいや。で、これってどれくらい軽減してくれるの?」
「レベル1で-3、レベル5で-7だ。固定点軽減の為、普通に使いやすい。」
「あ、そう言えば補助テクニックってどれのこと?」
シフタデバンドレスタアンティメギバースゾンディールザンバースだ。全てテリトリーバーストの対象になっているテクニックなので、テリトリーバーストとテリトリーPPセイブを併用すると、テリトリーバースト効果中は全ての補助テクニックの効果範囲が拡大され、かつ消費PPが軽減されると言う素敵な状況を作り出すことが出来る。」
「わーぉ☆」
「なお、フォースのボルトPPセイブ(雷系テクニックのPP消費量を軽減する)とテリトリーPPセイブ5レベルを併用すると、ゾンディールの消費PPが9になる。」
「なにそれこわい!」
「以上、テクターの新クラススキルについての話でした。」
「それにしてもいきなり全部習得してみたとか、キミってバカなの?」
「そうかもしれんな。」
「だからテクターのスキルツリーは5個もあるんだね!」
「全ての他者に支援回復を捧げる為に必要なスキルの最適化に迷走した時期があっただけのことだ。」
「ホント、キミってバカだね。」
「そうだな。」


■PSO2の話 その2
「以前(10月9日)、スーパーハード(以下SH)に向けてユニットを作り直すと言う話をしたと思うが。」
「自力で作れそうにないからって誰かの中古待ちって言ってたあの話ねー。」
「作った。」
「えっ」
「こんな感じだ。」
2013/10/11
「えっ、えっ」
「今まで使用していたスロートに付与されていた特殊能力の一部が強力だった為、以前と比べるとHPは15下がったのだが、PPが10、打撃防御が243、射撃防御が309、法撃防御が213、それぞれ上昇したので、下がったHPはそれらで補えるだろう。」
「自力で作れたのかよぅ!」
「頑張ってみただけだ。」
「じゃあ最初からがんばれよ!」
「私にとって特殊能力継承はソロアドバンス6周より疲れる。
「どう聞いてもソロアドバンス6周の方がしんどいじゃん!」
「これを2、3回されるとかなり疲れるよ。」

「エクストラスロット使ってるからじゃん!」
「だから言っただろう。2スロが限界だと。」
「へたくそー!」
「何はともあれ、SHに対応出来そうなユニットの調達は出来たので、これで他の皆様の足を引っ張らずに済むだろう。」
「最近ずっとソロじゃん。」
「・・・・・・まあな。」
「ぼっち!ぼっち!」
「さて、マイペースに65レベルに向かってレベル上げでもするかな。」
「ちょ、無視するなよぅ!」


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/10/9/海

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話
「今日は色々追加されたな。とりあえず真っ先にこれをやった。」

「うっわー!タリステックボーナスだぁ!」
「タリス遣いだからな。使う機会が多いだろうと判断し取得してみた。実際に使用してみたが、なかなかに便利だったよ。レスタに適応されなかったのが残念だったくらいで。」
「ねーねー、スーパーハード(以下SH)はどうだったのー?」
「あぁ、なかなかに手強かったよ。特に敵の接近速度の上昇は遠距離スタイルのタリスには少々不利だったな。まぁその内慣れるだろう。後は――」

「いきなり侵食核付きのボスに遭遇したかな。」
「何これ!?変な侵食核!」
「SH限定の侵食核で、定期的に攻撃をしてくる侵食核だった。弾速はタリスの投擲と同程度。威力は大したことは無いが誘導弾の為常に動くことを要求される。」
「へー。」
「他に鍬形型をしたものは白いナ・フォイエのような弾で反撃してきた。こちらも威力は大したことは無いが、何かに着弾すると爆風がある為、先程の目玉型の侵食核による誘導弾より大きな移動を求められる。」
「へー、へー。」
「他に鳥型のものもあったが、効果が分からなかった。」
「3種類もあるのかー。」
「そのようだ。」
「SHって何か面白そうだね!」
「楽しむ要素はいくらでもありそうだが、しばらくはユニットの作り直しが問題になりそうだよ。」
「へー?」
「SH産のユニットが妙に高性能でね。SHではその防御力が求められているように思える。実際にSHの敵の火力はかなり高かった。SHを渡り歩きたくば新しく作るしかなさそうだ。」
「作り直しだね!」
「しかし自力で作れる気がしないので誰かの中古待ちになりそう。」
「へたくそー!」
「私に何を求めると言う。」

2スロが限界なのだ・・・・・・


■PSO2の話 その2
フランカさんのネタとか、テクターのクラススキルとか、他にも色々話題があるのだが、それらはまた明日以降と言うことで許してください。


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/10/7/月

■拍手返信
おー超レアおめすー!
おめでとうありがとう!しかし能力不足で装備出来ず。尤も、レベルキャップ解放でレベルが上がれば普通に装備出来るようになると思われるので、その時はお披露目更新でもしてみようかな。


PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話


2013/10/5
「レアいっぱいヒャッハー!」
「しかし全部リア/ヴァーダーパック。」
「な、なーんだ。」
曜日別のブーストイベントに便乗して採掘場跡地域と海岸地域に行っているのだが、採掘場跡地域は色々なものを拾えるのに対して、海岸地域はいまいち拾えていない。ただの運だろうがな。」
「ボクにも会えないなんて、素晴らしく運が無いな、キミは!」
「ラッピーに良く出会うので私は満足だ。」
「ちょっと!ボクに会えないのはどうでも良いの!?」
「ラッピーはアイドルだからな。」
「おのれラッピー!誰がアイドルかはっきりさせてやるぅ!!」
「そう言って何処かに行ってしまうから、私や他の者とも会えないのでは・・・。」


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/10/6/陽

PHANTASY STAR ONLINE 2(以下PSO2)の話

2013/10/5
「Eトラで出てきたノーヴ・リンガダールさんからアメン・ホテプさんを貰ってきた。」
「わぁい!レアだよ!やったね☆」
「初めて拾ったよ。」
「ねね、早速使ってみてよ!」
「そうだな。装備してみ――」

「う・・・これはまさか・・・・・・。」

「くっ・・・能力不足・・・。」
「やーい貧弱ー!」
「レベルキャップ解放で装備出来るようになるさ。」
「能力不足が許されるのは撮影能力だけよねー!きゃはは!」
「私の撮影能力は許されても良いのか?アメン・ホテプをただの赤い棒にしか見えないような撮影をしてくる私の撮影能力は許されるものでは無い気がするのだが・・・。」

しかしなかなか向上が見られない撮影能力であった。


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


2013/10/4/金

ふーらいの誕生日です。皆祝ってあげてね!


2013/10/3/樹

■更新報告
過去ログに9月分を追加しました。


■物質の召喚
「光の分子」作成に成功 理論が現実に 産経ニュースより
ハーヴァード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)の物理学チームが、光子を結合させて「分子」を形成することに成功した。これまでは純粋に理論上のものだった、物質の状態だ。
「われわれが知る光の特性のほとんどは、光子が質量をもたず、相互作用しないことに由来する」と、ハーヴァード大学で物理学を研究するミハイル・ルーキン教授は述べる。「今回われわれは特殊な媒体を作りだし、その中で光子同士が強く相互作用し、それによって質量をもつかのように振る舞い、結合して分子を形成させられるようにした。このような光子の束縛状態(bound state)は、以前から理論上では議論されていたが、これまで実際に観測されたことはなかった」
以上抜粋

光の質量化――光の中から物体が召喚される、そんな感じがしないかい?


■いつも通り
連絡はページ上部にある拍手か四季のTwitterにどうぞ。


ポプパラ